【コーヒーメーカーメリタまとめ】使い方と掃除方法も紹介

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 57 秒です。


はじめに

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがでしょうか。
きっと淹れたてのコーヒーと共に過ごされていることでしょう。

皆さんはメリタというメーカーはご存知でしょうか。
世界初のフィルターペーパーを開発したメーカーとして有名なので、当然かもしれません。

今回はメリタが作ったコーヒーメーカーについて注目します。
そもそもコーヒーメーカーなんて使ったことがない、なんて方も大丈夫。
メリタ製コーヒーメーカーの魅力だけでなく、使い方からお掃除まで。
一から少しずつ解説してきたいと思います。

コーヒー博士
まったくコーヒーメーカーを使ったことのない方にも、おすすめの記事です。

 

メリタのコーヒーメーカーについて

使い方と掃除を紹介する前に、まずはメリタのコーヒーメーカーについてです。

メリタは先述の通り、コーヒーの世界ではフィルターペーパーで評判のメーカーです。
1908年にドイツで創業された、当時主婦だったメリタ・ベンツによる会社として有名ですね。

現在ではフィルターペーパーの他にも、ポット・コーヒーミル・フレンチプレス・ミルクフォーマーなど。
業務用ではエスプレッソマシンやバリスタ向けアクセサリーなどもあり、まさにコーヒー界の重鎮といったところ。

そのメリタは当然、以下のような家庭用のコーヒーメーカーも作っています。
現在販売されているメリタのコーヒーメーカーは以下の通りです。

(スタンダード 2〜5杯分)
・オルフィ
・ノア
・エズ
・JCM
(ラージ 2〜10杯分)
・イージートップサーモ
・アロマサーモ
・ルックデラックスⅡ
・ミアス
(ポッド式 1杯分)
・ポッドマシーン

全体的にシルバーを基調とした落ち着いたデザインが特徴です。
アクセントに黒を入れた、シンプルかつコンパクトなコーヒーメーカーが並びます。
特にオルフィがスタンダードで人気の機種です。

価格は最低でエズの約2600円、最高でもアロマサーモの約9600円と安いことも特徴です。
ネスレやデロンギなど、他のメーカーに比べて手頃に選べるのも長所ともいえます。

次はメリタ製コーヒーメーカーの使い方と掃除の方法について解説します。
難しそうと思っている方こそ、必見です。

コーヒー少女
コーヒーメーカーってどんな感じに使うんだろ……?

 

コーヒーメーカーの使い方・掃除について

※補足
スタンダードタイプのオルフィを例に挙げています。
使い方と掃除について、詳しくは取扱説明書をご覧ください。

それでは、まずはコーヒーメーカーの使い方からです。

1 コーヒーフィルターをセット
2 フィルターペーパーをセットしコーヒー粉を入れる
3 給水タンクに水を入れてセット
4 保温ポットをセット
5 電源スイッチを入れて待つ

なんと、これだけで美味しいコーヒーが出来上がるのです!
普段ペーパーで入れている使い方とほぼ同じですね。
わざわざお湯を沸かしたり、気をつけてハンドドリップする手間が省けるわけです。

飲みたいコーヒーの量に合わせて水の量を調節したり。
保温ポットをあらかじめお湯で温めておくなど。
コーヒーメーカーの使い方のコツを押さえることで、きっとおいしく淹れられるはずです。
(スイッチを入れる直前にコーヒーの粉を蒸らすという、裏ワザの使い方も……?)

次に、コーヒーメーカーの掃除についてです。

A コーヒーメーカーの外せる部分をすべて水洗い
B よほど汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めて使う
C 長く使っていない場合は洗浄運転で給水タンクをキレイにする

以上3つがコーヒーメーカーの掃除の方法です。
メリタに限らずとも、デロンギなど他のメーカーでもあまり変わらないはずです。

コーヒーメーカーの掃除のコツは、とにかく基本水洗いです。
どのメーカーでも、コーヒーメーカーの掃除は水洗いを推奨しています。

シンナー・ベンジンなどの強烈な製品は使わないようにしましょう。

また、メリタはコーヒーメーカー用のクリーナーを用意しています。
水アカに不安がある方は、そちらを使われることもおすすめします。

コーヒー少女
そんな簡単に使えるんだね!すごーい!

 

おわりに

コーヒー博士
メリタ製コーヒーメーカーの使い方・掃除はいかがでしたか。
コーヒー少女
今度探しに行ってみようかな?

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *