コーヒーショップチェーン店一覧【ランキング形式】

↓良かったらシェアしてください↓

このページは当サイトにて紹介しているコーヒーショップのチェーン店を、ランキング形式で一覧にしています。

当サイトは日本に数多くあるコーヒーショップ、いわばスターバックスコーヒーなどドトールなどのコーヒーショップを紹介していますが、

「知りたいコーヒーショップが無い!」
「チェーン店の情報量が少なすぎる…」

などなど思われる方もいるかと思いますが、その点に関しましても随時更新させていただきますので、今後もどうかよろしくお願い致します。

そもそもコーヒーショップとは?

そもそも日本でも多くの方にコーヒーショップのチェーン店が愛用されているわけですが、元々「コーヒーショップ」はオランダが発祥の地でした。

最初のコーヒーショップ 「メローイエロー」は1972年、アムステルダムに開店した。
このコーヒーショップは当初仲間内による販売のみを行っていたため、小売店と言えるかどうかは議論の余地があるものの、最初に登場したコーヒーショップと言われている。

引用:Wikipedia

ここでは数あるコーヒーショップのチェーン店を、当サイトの管理人がおすすめするコーヒーショップTOP3というランキング形式でお送りします。

コーヒーショップチェーン店ランキングは以下の3つの要素別に分けました。

  • コスパ
  • 美味しさ
  • 利用しやすさ
以下で紹介するランキングは管理人が「このコーヒーショップチェーン店はココが良い!」など独断と偏見で紹介している内容になります。
最下層に当サイトで紹介しているコーヒーショップのチェーン店をまとめています。
スポンサーリンク

コーヒーショップチェーン店コスパ編

第1位~サンマルクカフェ~

ランキング第1位はやはりコーヒーショップチェーン店の中でも低価格で利用可能なサンマルクカフェです。

サンマルクカフェは通常のコーヒーなら300円以下で利用できるからです。

私は基本的に色んなメニューを沢山頼むわけではありませんので、ブレンドコーヒーだけで十分という方には一番おすすめかもしれません。

・コーヒー(ブレンド)
S 200円(+税) /M 250円(+税) /L 300円(+税)

引用:サンマルクカフェドリンク

第2位~ベローチェ~

ランキング第2位は低価格で利用可能なベローチェを選ばせていただきました。

店舗数はスターバックスコーヒーやドトールなどと比べると劣りますが、メニュー内容の面で考えれば十分だと思います。

こちらはコーヒー以外のメニューも他のコーヒーショップチェーン店と比較しても低価格ですので、非常におすすめです。

・ブレンドコーヒー 200円  L 240円  ・アメリカンコーヒー 200円  L 240円
・エスプレッソ 200円  ・紅茶(ストレート/レモン)210円

引用:ベローチェ-ホットドリンク

第3位~ドトールコーヒーショップ~

ランキング第3位には多くの店舗数を誇るドトールコーヒーショップをランクインしました。

ホットドリンクは300円以上する物もありますが、基本的なメニューは比較的低価格になっています。

店舗数が多いので徒歩数分の上、手頃なコーヒーが飲めるという意味では良いと思います。

・ブレンドコーヒー S ¥ 220 M ¥ 270 L ¥ 320
・アメリカンコーヒーS ¥ 220 M ¥ 270

引用:ドトールコーヒーショップ-ホットドリンク

スポンサーリンク

コーヒーショップチェーン店美味しさ編

第1位~珈琲館~

ランキング第1位には珈琲館をランクインさせていただきました。

とにかく美味しいコーヒーを味わいたいコーヒーショップチェーン店なら珈琲館だと思います。

そのメニューの中で独特な炭火珈琲が一番美味しく、飲み方にもコツがある絶品です。

「焙煎が深い」その言葉だけでは表現できないようなコク深く、それでいて口の中にほんのり残る甘さを感じて頂くために試行錯誤を重ね、日本文化の理想の珈琲を生むために特別なブレンドにしました。

●紀州備長炭 炭火珈琲 510円

引用:珈琲館-紀州備長炭炭火珈琲

第2位~スターバックスコーヒー~

ランキング第2位で多くのコーヒーショップチェーン店の中で多くの店舗数を誇るスターバックスコーヒーをランクインしました。

ブレンドコーヒーでは珈琲館がイチオシだったが、トッピングの組み合わせで様々な味を楽しめるのが良いところだと思います。

スターバックスラテ、バニララテ、ソイラテなどがなめらかな味わいを感じさせてくれます。

・スターバックスラテ Short ¥330
最も人気のあるエスプレッソ ビバレッジ。リッチなエスプレッソにスチームミルクを注ぎ、フォームミルクを丁寧にトッピングしました。ミルキーな味わいで気持ちを温かくしてくれます。

引用:スターバックスコーヒー-スターバックスラテ

第3位~サンマルクカフェ~

ランキング第3位は味の部門でもサンマルクカフェをランクインさせていただきました。

サンマルクカフェのメニューは低価格ですが、コーヒーだけでなく紅茶やラテも価格以上の味だと感じました。

コーヒーショップですが、ゆずちゃ、ほうじ茶ラテなどもおすすめできる一品です。

・豆乳ラテ   S 350円(+税) /M 400円(+税)
・ほうじ茶ラテ S 370円(+税) /M 420円(+税)
・ゆずちゃ   S 350円(+税) /M 400円(+税)

引用:サンマルクカフェ-ドリンク

コーヒーショップチェーン店利用しやすさ編

第1位~タリーズコーヒー~

ランキング第1位はタリーズコーヒーなのですが、これにも理由があります。

スターバックスコーヒーのようなおしゃれな店を演出していますが、その割には混雑していませんので利用しやすさではおすすめできるチェーン店でしょう。

おそらく他の店舗数が多いコーヒーショップチェーン店には人が押し寄せていてるはずですから、コーヒー一杯の値段もそれほど高額でないこちらに避難するのがベストです。

タリーズの店舗内では無料のWi-Fiがご利用いただけます。

引用:タリーズコーヒー-店舗設備

第2位~ドトールコーヒーショップ~

ランキング第2位は店舗数の多いドトールコーヒーショップがランクインしました。

上位でも申した通り他のコーヒーショップチェーン店より比較的低価格な面と、頻繁に改装を行っている店舗も多々あり、分煙などより利用しやすくなっています。

現代でも人気なコーヒーショップチェーン店ですから多様な面で利用者が増加しているようです。

ドトールは、コーヒーが安い上にサンドイッチなどのフードも充実しているため、カフェとしてのコストパフォーマンスが非常に高い。

引用:ドトールコーヒーショップ「店舗外観の秘密」

第3位~ベローチェ~

ランキング第3位はベローチェがランクインしましたがこれは当然の理由があります。

スターバックスコーヒーはメニューのラインナップが豊富ですが、ベローチェはコストパフォーマンスの面で圧倒的に優位です。

特に、「何か仕事や勉強をする方」「単純に休憩がしたいという方」にはおすすめできる店でしょう。

「ベローチェは、フルサービス喫茶店チェーン『シャノアール』が母体となっており、そこから派生したセルフサービス方式のコーヒーチェーンとして誕生しました。『ベローチェ(veloce)』とはイタリア語で『速い、迅速』という意味で、その名の通り、手軽でスピーディーなサービスをモットーとしているお店と言えます。…

引用:ベローチェ-人気の秘密

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

コーヒーショップチェーン店一覧

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓