コーヒーミル電動式の選び方!カリタとメリタならどっち?

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 25 秒です。


おいしいコーヒーの基本は、「ひきたての豆」と「おいしい水」。

つまり、おいしいコーヒーには、コーヒーミルの選び方が大切なんです。

そこで、うまみを引き出す電動コーヒーミルの選び方のポイントと、2大メーカーのカリタとメリタの商品を紹介します。

いつものコーヒーが変わる!簡単な方法

コーヒー少女
あなたは、豆のままで買いますか?お店で挽いてもらいますか?

おいしいコーヒーの秘訣は、豆の種類や値段よりも、鮮度つまり挽きたてということ。

というのも、コーヒー豆は粉にすると、その瞬間から酸化がどんどん進み風味がダウン。

このため、飲む直前に豆を挽く。

これだけで、いつもの飲んでいるコーヒーがビックリするほどおいしくなるのです。

電動コーヒーミルの選び方!

コーヒー博士
コーヒーミルによる豆の挽き具合は、おいしさに影響する大事な部分じゃ!

そこでポイントになるのが、コーヒーミルの選び方。

コーヒーミルには、手動と電動の2つの種類があります。

毎朝飲むなら時間もかからず簡単な電動のコーヒーミルがぴったりですが、挽き方や価格もいろいろ。

自分にあった選び方がわからない!そんな人も多いのではないでしょうか。

挽き方1つで味がかわるからこそ、まずは電動コーヒーミルの特徴をしっかり押さえましょう。

□お手軽なプロペラ式

電動コーヒーミル内部のカッターで、コーヒー豆を粉砕します。

ボタンを押す時間=挽く時間となり、ある程度の慣れが必要です。

ポイント
また、エスプレッソに対応していない、挽きムラと微粉が多いなどの弱点がありますが、お手頃なお値段、コンパクトで持ち運びもできるといったメリット優先の選び方もあります。

□臼のように豆をひくグラインド式

据え置き型の電動コーヒーミルのため、設置場所の確保が必須です。価格は、プロペラ式より若干高くなりますが、えぐみのもとになる微粉が少なく、豆の粒もそろっているので安定した味が楽しめます。

このタイプのコーヒーミルは、メンテナンス性が低いものの、ボタンを押すだけで目的の挽き加減となるメリットがあり、失敗しないコーヒーミルの選び方のポイントです。

□我が家がコーヒーショップに?!カット式

業務用と変わらない機能と大きさのコーヒーミルです。コニカル刃で粉砕した豆は、微粉が少なく、ばらつきがみられません。

また、豆の挽き具合も細かく設定でき、摩擦熱が少なく豆の酸化が抑えられるなど、メリットがいくつもあるコーヒーミルです。

ただし、電動コーヒーミルならではのモーターの駆動音と、高価格といったデメリットも。

コーヒー少女
博士~初心者はどれを選んだらいいですか?
コーヒー博士
実は、試行錯誤の必要なプロペラ式のコーヒーミルより、ダイヤルを合わせるだけでOKなグラインド式のほうが簡単でおすすめじゃ。

カリタとメリタならどっち?

多くのメーカーが電動コーヒーミルを販売していますが、その中でも多くの人に愛されているカリタとメリタ。

コーヒー少女
名前は似てますが、メリタはドイツ、カリタは日本の会社です。

カリタは、有名な3ツ穴コーヒードリップをはじめ、業務用から家庭用まで幅広いバリエーションで、あなたのコーヒーライフをサポート。コーヒーミル1つとっても品ぞろえも多く、デザインと性能のバランスがいいのもカリタの魅力です。

業務用を改良したカリタのナイスカットG(Amazon)は、自宅でコーヒーショップの味が楽しめるとプロも認めるほどの実力。そのため、他の機種からカリタに買い替える人もいるほどです。

カリタならデザイン優先の選び方でも、失敗がないのもうれしいところです。

コーヒー博士
エスプレッソなら、細かな調整のできるメリタのVARIOシリーズがおすすめじゃ。

エスプレッソを楽しむなら、メリタのVARIOシリーズ(Amazon)。VARIOには3つのグレードがあり、中間のVARIO-Vのクラスでも40段階調整可能です。

カリタのナイスカットGよりも、挽き方を細かく調整でき、これ一台でエスプレッソマシーンにも十分対応できます。

部屋の雰囲気に合わせてセレクトする選び方なら、居心地のいい空間で最高の一杯を味わうことができますね。

まとめ

人気ランキングとは違う、安定した動作と使いやすい電動コーヒーミルの選び方、商品を紹介しました。

自分好みのコーヒーミルでもっとおいしく、もっと楽しいコーヒーライフを味わってみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *