ドトールメニューは持ち帰り可能?カロリーもご紹介!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 20 秒です。


はじめに

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
美味しいコーヒーとともに過ごされていることでしょう。

さて、皆さんはドトールコーヒーにはよく行かれますか?
他のコーヒーチェーンに比べて多くはないため、見かけることが少ないかもしれません。
スタバやタリーズならよく行くけれど、ドトールは……という方もあるでしょう。

そんな皆さんのため、今回はフードメニューの持ち帰りが有名なドトールコーヒーを紹介します。
せっかくなのでフードメニューのカロリーについても調べてみました。
この記事をきっかけに、一度ドトールから持ち帰り、フードとコーヒーを味わってみてはいかがでしょう。

コーヒー博士
今回は、ドトールコーヒーの持ち帰りメニュー・カロリーについて扱います。

ドトールの持ち帰り可能なメニューについて

まずは、ドトールの持ち帰りメニューについて紹介します。
ドトールは、コーヒーチェーンの中ではフードメニューに力を入れています。
そのドトールが提供するフードメニューは、すべて持ち帰りができます

ドトールの持ち帰り可能なメニュー一覧

(モーニング)
・Aセット ハムタマゴサラダ
・Bセット あつあつハムチーズ〜国産トマトソース〜
・Cセット ジャーマンドッグ
(ランチ)
・ミラノサンド 生ハム・アボガド・チキン
・ホットドッグ ジャーマン・レタス
・ホットサンド ナンカレー・カルツォーネ2種・ツナチェダーチーズ
・トースト ノーマル-チーズ-ジャム3種
・デザート ケーキ3種-クレープ2種-シュークリーム-かぼちゃのタルト
・季節のおすすめ
(ドリンク)
ブレンド・アメリカン・カフェラテ・エスプレッソ・ティー・アイスコーヒー・アイスカフェラテ・アイスティーなど

ドトールのモーニングは、ホットトーストのサンドかジャーマンドッグのどちらかになります。
詳しくは後で説明しますが、カロリーも低くて食べごたえたっぷりなのが嬉しいもの。
どれも持ち帰りたいものですが、単品での持ち帰りはできないのでご注意ください。

ドトールはランチになると、一気にメニューのバリエーションが増えます。
ミラノサンドやデザートなど、ランチ以降だけのメニューが目を引きますね。

ミラノサンドやホットサンドなど、がっつりのメニューが増えるのも見逃せないポイント。
コーヒーチェーンでもたっぷり食べられるのは、なんだか幸せですよね。
でも、ツナチェダーチーズなど高カロリーなメニューがあることに注意です。

コーヒー少女
モーニングもランチも、お気に入りのメニューを見つけてみてくださいね。

ドトールメニューのカロリーについて

まずは、ドトールメニューのカロリーについて見ていきます。
ドトールのメニューはすべてカロリー計算されたものが公表されています。
今回はその中から、カロリーが気になるものを紹介します

ドトールのモーニングはどれも低カロリーで、250〜270kcalほどです。
もしかしたら、朝からがっつりいきたい人には物足りないかもしれません。
ただ、お腹には優しいモーニングとしてドトールは考えているのでしょう。

ランチ以降は前述の通り、がっつりのメニューが増えてきます。
527kcalもあるツナチェダーチーズは、ドトールの中でも一番高カロリーなメニューです。
他にもミラノサンドはほとんどが400kcalを超えているなど、なかなか気になるところ。

カロリーが気になる方は、案外300kcalを切るナンカレードックなどをオススメします。
カルツォーネやホットドックなど、300kcal前後のメニューも考えながら選んでみてください。

忘れてはいけないのが、密かにカロリーが高いデザート関係です。
チョコミルクレープは350kcal超え、キャラメルチョコケーキやかぼちゃのタルトは300kcalをゆうに超えています。
食べ物ばかりにとらわれず、スイーツメニューについても気を配ることも忘れないでくださいね。

コーヒー少女
どれを持ち帰りしたらいいか、迷ってしまいますね。

おわりに

コーヒー博士
ドトールの持ち帰りメニュー・カロリーについてはいかがでしたか。
コーヒー少女
今度行ってみます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *