コーヒー豆焙煎機は家庭用価格!おすすめ製品からご紹介!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 15 秒です。


はじめに

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフをいかがお過ごしでしょうか。
突然ですが、みなさんはコーヒー豆の焙煎に興味はありませんか?

通でなくても、喫茶店などで炭火珈琲などのフレーズを目にしたことがあるはず。
コーヒー豆が焙煎された芳しい香り、たまらないですよね。

あんな香ばしさを、家で再現できるとしたらどうでしょうか。
今回はお手頃価格な家庭用焙煎機について解説します。
おすすめも紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

コーヒー博士
今回は、低価格の家庭用焙煎機についてです。

 

コーヒー豆焙煎機の種類

まずはおすすめや価格の紹介の前に、コーヒー豆の家庭用焙煎機について。
どんな種類があるかについて、大まかに説明したいと思います。

※家庭用焙煎機 熱源による分類
・ガス式
・電気式
・ガス+電気式

一つ目のガス式は、ガスコンロなどの火を使う焙煎機です。
ガスの火を調節することで、コーヒー豆を好きな煎り方にできるのがメリットです。
ただ安全装置で使えない場合もあるので、カセットコンロなどを使うとよいでしょう。

二つ目の電気式は、内部の電熱を使う焙煎機です。
スイッチ一つでコーヒー豆が煎れられ、手軽な焙煎機が多いのがメリットです。
ただ海外製の商品も多く、家庭用でも変電器・変圧器を使わねばならない場合もあります。
レビューなどを見てよく確認し、購入を検討されるとよいでしょう。

三つ目のガス+電気式は、上二つの両立型といえます。
ガスコンロも使いながら、コーヒー豆の煎り加減を電気で調整するタイプです。

ちなみに、いずれの家庭用焙煎機にも気をつけることがあります。
焙煎中は大変焙煎機が熱を持つことになります。
また、コーヒー豆の皮など(チャフ)が飛び散り、煙がもうもうと立ち上ることもあります。
どれも気をつけねばなりませんが、家庭用焙煎機によって程度はさまざまです
(例えば、ガス式であればガスと煙に注意するなど)

コーヒー少女
コーヒー豆の焙煎は十分気をつけてください!

 

コーヒー豆焙煎機のおすすめ

それでは、おすすめのコーヒー豆の家庭用焙煎機を紹介します。
焙煎機の分類・焙煎できる量・価格を中心に見ていきましょう。
今回取り上げるのは、2機種になります。

①IMEX ホームコーヒーロースター 価格:約30000円

まず紹介するのは、韓国の会社IMEXの家庭用焙煎機です。
電動式で、コーヒー豆は150g〜180gが焙煎可能。
独自の熱循環システムにより、煙が少なく済むのが特徴です。
タイマーもついているため、煎り加減を調整できるのもうれしいもの。

しかも特筆スべきなのは、3万円弱というお値ごろ価格。
重量も2kg程度で、家庭用焙煎機では破格の価格でしょう。

ただ、気をつけなければならないのは、電圧が220Vと高いこと。
日本では変圧器などで上げなければならないことがデメリットです。
それでも、初めてコーヒー豆を焙煎するなら一番のおすすめ機種です。

②Nesco コーヒー豆ロースター 価格:約32000円

次に紹介するのは、アメリカの会社Nescoの家庭用焙煎機です。
電動式で、コーヒー豆は125g〜150gが焙煎可能。
冷却ボタンがあり、コーヒー豆の熱やチャフの危険性が少ないのが特徴です。
同じくタイマーがついているため、煎り加減も楽に調整できます。

価格は、公式ページでは200ドル弱と安くなっています。
輸入すると少し高くなりますが、それでも格安の価格です。

ちなみに、IMEXは日本では馴染みがありませんが、1980年創業と意外と古い会社です。
特許や実用新案登録を多く取得しており、コーヒー豆関連機器については一級品。
さまざまな会社の製品に触れてみるのもいいかもしれませんね。

コーヒー少女
意外と安くで焙煎できるんだね!

 

おわりに

コーヒー博士
家庭用コーヒー豆焙煎機はいかがでしたか。
コーヒー少女
私もコーヒー豆を焙煎してみようかな。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *