【コーヒー豆の挽き方は?】違いを粗さごとでご紹介!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 58 秒です。


ご自宅でコーヒーを豆から挽いて飲まれる方もいらっしゃると思いますが、そんな時意外と厄介なのが「コーヒー豆の粗さの違い」ですよね。

正直どのくらいの挽き方ちょうどいいのか違いがわからないけど…とりあえずまずくはないからいっか!とおざなりにしてはいませんか?

しかし、挽き方によって味や香りにかなり違いが出てきます。それぞれの粗さごとに適した淹れ方にも違いがあるので参考にしてみてください。

コーヒー豆の粗さごとの違いや特徴

では、これから各粗さごとの違いや特徴と適した淹れ方について紹介して行きたいと思います。

粗挽き

ザラメほどの大きさに挽いた挽き方が「粗挽き」です。フレンチプレスなど、お湯で出す淹れ方にぴったりのコーヒー豆の粗さです。お湯と豆が接する時間が短く、軽い味わいのコーヒーになります。

中挽き

グラニュー糖とザラメの中間ほどの大きさに挽いた挽き方が「中挽き」です。粗挽きとは違い、雑味が出づらく透明感のある味わいを楽しメルコーヒーになります。

最も使用されることが多い挽き方であり、ペーパードリップやネルドリップ、サイフォンを使われる方にもぴったりのコーヒー豆の粗さです。

うまくやればぺーパードリップでもかなり美味しいコーヒーを作ることができます。粗挽きよりはもちろん粒は細かいのですが、全体としてみればまだ粗い方なのでコーヒーの雑味が出づらく、すっきりした口当たりになります。

中細挽き

グラニュー糖ほどの大きさに挽いた挽き方が「中細挽き」です。中挽きと並んで、一般的によく使用される粗さです。

ペーパードリップやコーヒーメーカーに適した挽き方であり、ベーシックな味わいのコーヒーに仕上げることができます。粒の粗さを調整する基準にしてもいいかもしれません。

細挽き

白砂糖とグラニュー糖の間ほどとよく表現される大きさに挽いた挽き方が「細挽き」です。苦みとコクを味わうことのできる粗さです。

水出しのアイスコーヒーに適したコーヒー豆の粗さで、少し時間はかかるかもしれませんがペーパードリップでは苦みとコクを楽しめるコーヒーになります。

一般的な家庭用のコーヒーミルで挽ける限界の細かさが細挽きです。

極細挽き

粒のサイズが白砂糖ほどで挽いた挽き方が「極細挽き」です。この粗さはエスプレッソに用いられることがほとんどです。

ここまでの細かさとは違い、家庭用のコーヒーミルで挽くことはおそらく不可能なほど細かい粒です。マキネッタやエスプレッソマシンで用いられます。

美味しいコーヒー豆を挽くためのポイント

コーヒー豆の粗さや挽き方が、美味しいコーヒーを入れるために重要なのはいうまでもありませんが、実はそれ以上に「コーヒー豆を挽く方法」も味の違いに影響するので紹介しておきます。

コーヒー豆を挽くときに発生する熱
微粉や渋皮
コーヒー豆の粗さの均一さ

順番に解説していきます。

1.コーヒー豆を挽くときに発生する熱

コーヒー豆を挽く際には必ず熱が発生してしまいます。一般的なコーヒーミルは臼状の刃をつかってコーヒー豆をすりつぶすのですが、どうしても摩擦熱が発生してしまい、コーヒー豆を挽くときに発生した熱がコーヒーの風味を損なわせてしまいます。

コーヒーにこだわっている人の中には、電動のミルを使うとモーターの熱でコーヒー豆の風味が失われてしまうと考え、あえて手挽きのミルを使用している人もいます。

2.微粉や渋皮

コーヒー豆を挽いた際に出てくる微粉や渋皮は、実はコーヒー豆にとって大敵です。

必要以上にコーヒーを成分を抽出してしまう原因となってしまうので、コーヒーを飲んだ際に感じる不愉快な苦みや渋み、えぐみを引き出してしまいます。

コーヒー豆の粗さに応じて、ふるいを用意して微粉や渋皮を取り除いたり、目に見えるだけでも渋皮を除去すると、より美味しいコーヒーになります。

3.コーヒー豆の粗さの均一さ

コーヒーミルの性能にもよりけりですが、コーヒーを挽いた後の粒の大きさがバラバラだと、抽出されるコーヒー液もバラバラになり、味がくぐもった印象になってしまいます。

最後に

コーヒー博士
コーヒー豆の粗さとそれによる味の違いについて紹介しました。
コーヒー少女
お持ちの抽出器具に応じたピッタりなコーヒー豆の粗さを探してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *