【コーヒーを水筒に入れる場合】酸化・ミルクの問題は?

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 58 秒です。


はじめに

淹れたてのコーヒーがなによりも一番美味しいですよね。

家でコーヒーを淹れて飲むのはもちろんですが、どうせなら職場出先でも淹れたコーヒーの美味しさを味わいたいと思うのは自然なことでしょう。

とはいえ、オフィスにコーヒーのドリップ器具を置くのはやはり敷居が高いですし、出先にまで持ち歩くなんてもちろん現実的ではありません。

そうなると、ドリップしたコーヒーなどを水筒に入れて持ち歩きたくなります。

しかし、いざ水筒に淹れたコーヒーをあとで飲んでみると、いつもと味や香りが違うような気がしたことはありませんか?

あるいはコーヒーを淹れた水筒にそのままミルクも入れておくと、あとで分離していたり、何か変な臭いがすることもあります。

コーヒー博士
それらの原因はコーヒーの酸化、あるいは脂肪分の分離や、腐敗じゃ!

そこで、今回はコーヒーを水筒に入れる人必見の酸化・ミルクについて教えます!

美味しいコーヒーを水筒に入れて持ち運ぶために、酸化やミルクを入れた場合のことについても解説していきます。

コーヒーは酸化する

そもそも有名な話ですが、コーヒー豆は時間とともに酸化します。

この酸化を避けるために、コーヒー豆をキャニスターに入れて冷暗所に保管したり、直射日光を避けたりするのです。

入れた後のコーヒーも、やはりコーヒー豆と同じく酸化してしまいます。

コーヒーの香りや味のもとである油分が特に酸化の影響を受けやすいのです。

コーヒー少女
だからコーヒーの味や香りが変わってしまうのね

酸化したコーヒーの味は?

酸化したコーヒーは舌に残る不快な酸味、あるいはえぐ味に近い苦味を感じます。

本来、コーヒーの酸味や苦味は爽やかで後を引かないものです。
また、酸化しないうちのコーヒーでは胃もたれなどにもなりにくいと言われています。

ミルクは腐敗・分離する

カフェオレが好きな方は、コーヒーを入れた水筒に、さらにミルクなどを加えておくことも考えると思います。

しかし、ミルクに牛乳を使った場合は長時間の保温で腐敗が起きやすくなります。

また、コーヒーフレッシュやクリープの場合は、分離した油分が浮き上がって味も見た目も損なわれることがあります。

さらに、ミルクの油分自体もやはり時間とともに酸化していきます。

飲み方の問題

また、水筒のタイプによっては、中に入れたコーヒーをカップに移すのではなく、直接口をつけて飲むタイプもあります。

この場合、飲み口から水筒内への唾液の混入により、長時間放置すると、菌が繁殖して腐敗につながってしまいます。

コーヒー博士
淹れたコーヒーを水筒に入れて長時間持ち歩く場合は、このような点が問題になるのじゃな

美味しいコーヒーを水筒で飲むためには?

一般にはコーヒーの温度が高いほど化学反応が起きやすく、酸化しやすいと言われています。

十分に冷やしたコーヒーの方が酸化しにくいのです。

そのため、十分に冷やしたアイスコーヒーを保温のできる水筒に入れるのが良いでしょう。

ドリップしたコーヒーをすばやく冷やすか、あるいは水出しコーヒーという選択もあります。

コーヒー少女
職場とかで飲むなら、レンジで温める方が酸化の影響は少なくすみそうね

どうしてもホットを入れたい

冬場の外出時など、どうしてもホットを入れて持ち歩きたい時もありますよね?

この場合、やはり時間によってコーヒーが酸化していくのは避けられません。

まずは、水筒のサイズにあった量のコーヒーを入れてしっかりと蓋をして、空気との混合をなるべく避けましょう。

水筒は直接口をつけるタイプより、カップに移して飲むタイプの方が、腐敗や菌の繁殖の予防になります。

そして、なるべく時間をおかずに、早めに飲みきってしまいましょう。

ミルクはどうする?

コーヒーを水筒などに入れていく場合でも、ミルクは一緒に入れて置かないほうが酸化や腐敗の防止にも良いでしょう。

コーヒー博士
コーヒーを水筒からカップに移してミルクを入れるのが一番じゃな

さいごに

いかがでしたでしょうか?

いつでも好きな時に美味しいコーヒーが飲めたら良いですよね。
水筒に入れてコーヒーを持ち運ぶ時にも、少しの工夫で淹れたてに近い味を楽しむことができます。
ぜひお試し下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *