コーヒーかすの乾燥方法|消臭・カビ対策についても紹介!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 12 秒です。


コーヒーを淹れた後に出る、コーヒーかす

普段捨てている方も多いと思いますが、実はそのコーヒーかす、再利用出来るんです。

意外かもしれませんが、コーヒーかすを乾燥させれば、消臭やカビ対策に役立つアイテムになります。

そこで今回は、コーヒーかすの乾燥方法と、消臭&カビ対策方法をご紹介します。

コーヒーの性質

コーヒーには、他のにおいを吸収しやすい、また空気中の湿気を吸いやすいという性質があります。

そのため、抽出前のコーヒー豆は、密閉された容器に入れるなど、周りの影響を受けない仕方で保存する必要があります。

しかし、逆にそれを利用し、飲み終わったコーヒーかすで消臭剤除湿剤を作ることができます。

コーヒーかすの乾燥方法

消臭剤や除湿剤として利用する際は、コーヒーかす自体にカビが生えないよう、十分に乾燥させる必要があります。

乾燥方法は、大きく分けて3つあります。

・フライパンで煎る

フライパンで、コーヒーかすの水分がなくなるまで煎ります。

焦がさないよう、弱火にするのがポイントです。

1番早く、コーヒーかすを乾燥させることができます。

・電子レンジ

少し深めのお皿に、コーヒーかすを平らになるように入れ、電子レンジで温めます。

この時、ラップをかけてしまうと水分が飛ばないので、そのまま入れてください。

全体の水分が抜けるよう、時々スプーンでかき混ぜます。

長い時間電子レンジにかけると、飛び散る危険があるので、様子を見ながら温めましょう。

コーヒー博士
コーヒーかすが、電子レンジの中の臭いも取ってくれるから、一石二鳥なのじゃ!

・自然乾燥

コーヒーかすを平らなお皿に広げて、乾燥させます。

お部屋の中でも外でも、どちらでも大丈夫です。

しかし、外で乾燥させる場合は、飛んでいかないよう風に注意してください。

ストッキングのような、風通しの良い、かつ網目の詰まったものでカバーをしてあげると良いですよ。

コーヒーかすで消臭&カビ対策

コーヒーかすを乾燥させた後は、はぎれやガーゼなどに包んで、臭いが気になる場所に置いておくだけです。

特に、トイレゴミ箱の中などがオススメです。

使っているうちに消臭効果がなくなってくるので、2週間程度で取り替えてあげましょう

また、湿気の多い梅雨の時期などは、カビ対策として使用することもできます。

押し入れ下駄箱に入れておくと、カビの予防もしつつイヤな臭いもとってくれるので、とても便利です。

コーヒーが好きな方は、お部屋に置いて香りを楽しむのも良いですよね。

お風呂のような湿気が多過ぎる所では、コーヒーかす自体にカビが生える心配があるので、時々様子を見て、新しいものに交換しましょう。

コーヒー少女
ここまで、乾燥させたコーヒーかすを使用する方法を紹介してきたけど、実はペーパーフィルターに入れたままで活用することもできるのよ!

ペーパーフィルターに残ったコーヒーかすの熱が取れたら、そのままシンクの三角コーナーに入れたり、生ゴミと一緒にビニール袋で密閉します。

赤ちゃんがいる方は、使用したオムツと一緒に入れても効果的です。

濡れた状態でも消臭効果はあるので、これだけで気になる臭いが軽減されます。

また、残ったコーヒーかすをお皿にのせ、ラップをかけず冷蔵庫に入れてみましょう。

ゴミとして捨てられるコーヒーかすが、冷蔵庫の中のイヤな臭いを取る消臭剤に早変わりです。

ただ、湿ったものだとカビが生えてしまうので、2,3日で交換するようにしましょう。

さいごに

普段はゴミになるコーヒーかすが、一手間加えるだけで、消臭&カビ対策のアイテムになることをご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

濡れたままの状態でも使用することはできますが、カビが生えるため長持ちさせることはできません。

そのためこの方法は、毎日コーヒーを飲む習慣がある方にオススメの方法です。

乾燥させて使用するなら、2週間ほど消臭効果やカビ対策として活用することができます。

おしゃれな袋に入れれば、お部屋のインテリアとして置くこともできます。

これを機会に、ぜひ試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *