コーヒーの飲み方|10種類を健康面に沿って紹介します!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 30 秒です。


コーヒーが飲みたくてコーヒーショップに行ったけど、種類が多くてどれが良いのか分からない、という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

コーヒーと一言でいっても、様々な飲み方がありますよね。

今回は、コーヒーの飲み方の特徴を、種類別でご紹介したいと思います。

合わせて、コーヒーの健康的な飲み方もお伝えします。

コーヒーの飲み方

コーヒーは、コーヒー豆そのものの特徴によって味が変わってきますが、抽出方法や何を加えるかによって、さらに味わいが変わってきます。

ここでは2つの抽出方法、ドリップ式エスプレッソ式に分けて、それぞれの飲み方の種類をご紹介します。

ドリップ式コーヒーの飲み方

ドリップ式は、家庭でよく使われている種類の抽出方法です。

コーヒー少女
淹れ方によって味わいやコク、苦味などが変わってくるのよ。

・ブレンドコーヒー

様々な種類のコーヒーが配合されたコーヒーです。

それぞれのコーヒー豆の特徴を活かしつつ、まとまりのある飲みやすいコーヒーに仕上げています。

・アメリカンコーヒー

浅煎りのコーヒー豆で抽出されたコーヒーです。

通常のコーヒーよりもさっぱりしていて、酸味が強いため、濃いコーヒーが苦手な方にオススメです。

・カフェオレ

コーヒーとミルクを、1:1で合わせたものです。

コーヒーを楽しみつつ、ミルクのまろやかさも味わえます。

・ウインナーコーヒー

コーヒーの上に、ホイップクリームをのせたものです。

カフェオレよりもコーヒーの苦味が抑えられるので、コーヒー感を抑えたい時にオススメです。

・フレーバーコーヒー

焙煎する時に、シナモンやアイリッシュリキュールを加え、香りづけした種類のコーヒーです。

ヨーロッパ発祥で、コーヒーの苦さを味わいつつ、甘い香りも楽しめます。

エスプレッソ式コーヒーの飲み方

エスプレッソ式は、ゆっくり時間をかけて抽出するドリップ式とは異なり、短時間で濃縮されたコーヒーを抽出します。

コーヒー博士
コーヒー豆の種類は、深煎りのものを使用されることが多いのう。

・エスプレッソ

専用の機械で、コーヒー豆を圧縮させて抽出します。

全体としては、濃く苦い味わいですが、甘さのあるクレマという泡ができるのが特徴です。

イタリアでは、エスプレッソのことをコーヒーと言います。

・カフェラテ

エスプレッソにたっぷりのミルクを加えたものです。

カフェオレよりも、ミルクの風味を味わうことができます。

・カフェモカ

エスプレッソに、チョコシロップとミルクを加えたものです。

甘い種類のドリンクで、女性に人気があります。

・カプチーノ

エスプレッソに、暖かいミルクと泡立てたミルクを1:1の分量で加えたものです。

カフェラテよりも、コーヒーの風味をより感じることができます。

・カフェアメリカーノ

エスプレッソを水やお湯で割った、さっぱりと飲みやすいコーヒーです。

アメリカンコーヒーとは、また違う種類のコーヒーです。

コーヒーの健康的な飲み方

コーヒーは、正しく飲むなら健康に良いものですが、間違った飲み方をすると逆に、健康に悪い影響を与えてしまいます

コーヒーを飲む量

まず、飲む量です。

コーヒーを飲みすぎると、クロロゲン酸という物質が体内に蓄積され、太りやすくなります。

またカフェイン依存症という危険もあります。

健康的に飲むなら、1日5杯以下に抑えるようにしましょう。

コーヒーを飲む時間帯

次に、飲む時間帯です。

これは人にもよりますが、カフェインに反応しやすい人は、夜寝る前は避けた方が良いでしょう。

健康的な睡眠を摂るために、気をつけておきたいですね。

コーヒーに入れるもの

最後に、入れるものです。

砂糖やポーションミルク、1つなら大丈夫と思うかもしれませんが、それが毎回続くと、気付かないうちに多くのカロリーを摂取し、健康に影響を与えているかもしれません。

また、市販の甘いコーヒーやカフェラテには、多くの砂糖が含まれています。

疲れた時など、甘いものが飲みたい時もあると思いますが、健康のことを考えるなら、あまり頻度を増やさない方が良いかもしれませんね。

さいごに

コーヒーの飲み方を種類別にご紹介してきました。

気分によって、様々な飲み方を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

飲む際には、ぜひ健康的な飲み方を意識してみてください。

ポイントは、回数・時間・入れるものです。

このポイントを守りつつ、健康的で美味しいコーヒーを楽しんでください

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *