【カフェ開業の必須資格は?】失敗例や気をつけることについて!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 28 秒です。


カフェの開業

カフェの開業はコーヒー好きにとってひとつのロマンです。

自分だけの素敵なカフェを開いて、友人や馴染みのお客さんに囲まれて暮らしたい。
夢では終わらせず、実際にカフェの開業を志すこともあるでしょう。

カフェの開業にあたって資金とともに問題になるのが、資格です。

  • カフェを開業するためにはどのような資格が必要なのか
  • その資格はどうすれば取得できるのか

ということで今回は、【カフェ開業の資格は?】失敗例や気をつけることについて!

カフェを開業するにあたって必要となる資格、さらにはカフェ開業の失敗例なども交えてご紹介していきたいと思います。

カフェ開業に必要な資格

カフェを開業するにあたってどうしても必須となる資格は食品衛生責任者の1つだけです。
これに加えて、カフェの規模によっては防火管理者の資格が必要になってきます。

それぞれの資格について見ていきましょう。

食品衛生責任者

読んで字のごとく、食品の衛生管理を行うための資格です。
カフェを開業するにあたって、各店舗に必ず一人は必要になります。

ちなみに、栄養師調理師製菓衛生師などの資格をすでに持っている場合は必要ありません。

食品衛生責任者の資格は所定の講義を受講することで簡単に得られます。
各都道府県の保健所食品衛生協会で講義日程と募集が行われています。

講義内容は食品衛生法、公衆衛生学、食品衛生学などで、講義は1日で終わります。

講義終了後に受講終了証明書を受け取って、資格の取得は完了です。

受講料はだいたい1万円程度となります。

防火管理者

開業するカフェが30人以上を収容できる大きなお店の場合は必要になってきます。
お店の延べ床面積によってさらに資格が分かれます。

乙種防火管理者
300平方メートル未満
甲種防火管理者
300平方メートル以上

これも所定の講義を受けることで資格を得られます。
各都道府県の消防署などに講義の日程と募集が行わています。
講義は乙種1日甲種でも2日で終わります。

受講料はおよそ3千円~5千円程度となります。

【スポンサーリンク】

カフェ開業で必要な申請

カフェの開業にあたって、資格とはべつに各種の申請が必要になります。

営業許可申請

地域の保健所に飲食店を開業するという申請をして、許可を得る必要があります。
カフェの開業であれば、飲食店営業喫茶店営業のどちらかになります。

飲食店営業
酒類、調理した食品を提供する
喫茶店営業
酒類以外の飲み物、調理済みの茶菓を提供する

開業届

カフェの開業にあたって税務署への申請が必要になります。
開業後2ヶ月以内に行わなくてはなりません。

カフェ開業にあったら便利な資格

カフェの開業には必須ではありませんが、あると便利な資格もあります。

調理師免許

食事のメニューを提供するのであれば、やはり専門の知識と経験があると有利です。
お客さんの目からしても安心感があり、お店・商品の価値も高まります。

日商簿記3級

カフェを開業した後も、日々の運営、特にお金の管理が重要になってきます。
日々のお金の収支を適切に管理するためには専門の知識があったほうが良いでしょう。
また、確定申告で青色控除などの控除を受けるためには複式簿記での帳簿記入が必須となります。

カフェ開業の失敗例

最後に、カフェの開業にあたってよくある失敗例をいくつかご紹介していきます。

飲食店は多産多死の業態で、3年持つ店は半数とも言われています。
無理のない開業と営業の計画を立てるために、過去の失敗例を参考にしましょう。

失敗例1:内装にこだわりすぎる

内装などの初期費用にお金をかけすぎて、開業後の運転資金が十分でない失敗は特に多いようです。
一般的に、半年営業できるだけの運転資金を確保しておくのが望ましいと言われています。

コーヒー博士
意外と思ったように客足は延びないものじゃからのう。

失敗例2:メニューにこだわりすぎる

一部のマニアや専門家にしかわからないような差異にこだわるあまり、原価がかかりすぎて利益が少なかったり、あるいは価格が高くなって売上が延びないような失敗もあります。
売上は客単価と客数の掛け算で決まります。
売値と利益、原価を定めて現実的な売上の見込を設定する必要があります。

コーヒー少女
お店を運営する中で少しずつクオリティを上げていくのが良いかもしれないわね

失敗例3:ニーズに合わない

近年のIターンやJターンで、田舎におしゃれなコーヒー専門店を開く例も増えてきています。
しかし、田舎ではまだまだコーヒーにお金をかけるという文化的な下地がありません。
立地や売値によっては思うように客足が伸びず、経営に行き詰まる失敗例もあります。

コーヒー博士
お店を出す場所のニーズをあらかじめ把握しておくことも重要じゃ。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

カフェの開業はコーヒー好きにとっての最大の夢と言えるでしょう。
必要な資格を揃えて、過去の失敗に学ぶことで、夢は現実のものへと近づきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *