コーヒー牛乳とカフェオレの違いは?簡単な作り方も紹介!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 3 秒です。


たっぷりのミルクで作る、コーヒー牛乳。

でも、ミルクがたくさん入っているものだと、カフェオレもありますよね。

コーヒー牛乳カフェオレ、この2つの違いをご存知ですか。

今日は、この2つの飲み物の違いと、簡単に作れるコーヒー牛乳の作り方についてご紹介します。

コーヒー牛乳とカフェオレの原材料

コーヒー牛乳とカフェオレで使われている原材料は、実はどちらも同じです。

どちらもコーヒーミルクお好みで砂糖を加えた飲み物です。

しかし、主役・作り方・カフェイン・味や風味といった、いろいろな面で違いがあります。

コーヒー牛乳とカフェオレの違い

コーヒー牛乳とカフェオレ、同じ原材料とはいえ、作り方が違うため味や香りが変わってきます。

それぞれの違いを、ひとつずつ見ていきましょう。

主役の違い

・コーヒー牛乳は、ミルクを主役としていて、コーヒーは脇役です。

フルーツ牛乳のように、コーヒーの風味がする牛乳というイメージです。

・カフェオレは、コーヒーが主役です。

コーヒーを楽しみたい方は、カフェオレがオススメです。

作り方の違い

・実は、コーヒー牛乳の作り方に明確なレシピはありません

ミルクにコーヒーを入れても、コーヒーにミルクを入れても、どちらもコーヒー牛乳になるのです。

・カフェオレには、決まった作り方があります。

【コーヒー : ミルク】1 : 1 の分量ですが、割合が変わってしまうと、他の飲み物になってしまうのです。

カフェインの違い

市販のコーヒー牛乳は、150mlあたり平均15mg、カフェオレは平均70mgです。

コーヒー牛乳の方が、圧倒的にカフェインの量が少ないです。

子供や妊婦、カフェインを控えている方などは、カフェオレではなく、カフェインが少ないコーヒー牛乳の方が安心して飲むことができます。

味や風味の違い

・市販のコーヒー牛乳は、ミルクの分量が多いため、コーヒーの風味はほとんど飛んでしまいます。

その分、まろやかで苦味が抑えられ、飲みやすくなります。

・市販のカフェオレは、コーヒーの分量が多いため、ミルクの甘さに加えコーヒーの風味や味わいを楽しむことができます。

コーヒー博士
カフェオレはコーヒーを楽しみたい人、コーヒー牛乳は子供から大人まで、どの年代でも楽しめるのじゃ!

コーヒー牛乳の簡単な作り方

短時間で簡単に作れるコーヒー牛乳をご紹介します。

HOTの作り方

1.カップに牛乳を入れる

2.カップにインスタントコーヒーを入れる(かき混ぜない!)

3.電子レンジで温める(時間は、様子を見ながら調整する)

4.最後にかき混ぜて、コーヒー牛乳の完成!

お好みで砂糖を入れても良いのですが、そのままでも十分ミルクの甘さを感じれます。

温めた後、コーヒーの粉が上に浮いているので、しっかり混ぜてください。

ICEの作り方

1.カップにインスタントコーヒーを入れる

2.好みの量の砂糖を入れる(スティックシュガー1本分がオススメ)

3.コーヒーと砂糖が溶ける程度のお湯を入れて、かき混ぜる(目安は、底から5mm〜10mm程度)

4.牛乳を入れて、アイスのコーヒー牛乳、完成!

コーヒー少女
どっちもカップだけしか使わないから、洗い物も少なくて楽チンよ!

コーヒー牛乳のまとめ

コーヒー牛乳とカフェオレの違いをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

疲れて癒されたい時や、お風呂上がりなどググッと飲みたい時は、コーヒー牛乳。

目を覚ましたい時や、コーヒーの味・風味を楽しみたい時は、カフェオレ。

その時のシーンや気分によって変えてみるのも、良いかもしれませんね。

コーヒー牛乳の簡単な作り方もご紹介しました。

アイスもホットも、短時間で気軽にできるので、ぜひ試してみてください。

市販のコーヒー牛乳も、さまざまなメーカーから出ているので、飲み比べてみるのも良いかもしれませんね。

自分の好きな一杯を、ぜひ見つけてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *