【カフェ開業の資金調達方法】費用の目安はいくらなのか?

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 55 秒です。


カフェの開業

コーヒー好きなら誰もが一度は夢見るのが、カフェの開業でしょう。
おしゃれなカフェを開いて自慢のコーヒーを振る舞いたいと思うものです。

もちろん夢では終わらせずにチャレンジすることもできます。
実際にカフェを開くとなった場合、一番気になるのは資金の問題でしょう。

  • 目安としてはどれくらいの資金がカフェの開業には必要なのか
  • カフェの開業資金はどこから調達するのが良いのか

というわけで、今回はカフェ開業の資金調達方法、その費用の目安はいくらなのか?

カフェを開業するにあたって必要となる資金の目安、その主な調達もご紹介していきます。

カフェ開業資金の目安

カフェの開業にあたり、資金の目安は500~1,000万円あたりが多いようです。

しかし、場所や規模、形態などによって開業に必要な資金は大きく変わってきます。
都内の一等地なら1000万円でも足りないでしょうし、田舎の小さな店舗なら100万円で十分に足りるでしょう。

次に開業資金の内訳を見ていきます。
各内訳にどれくらいの資金が必要かを考えることで、開業にあたってどれくらいの資金を調達するべきかが見えてくるでしょう。

【スポンサーリンク】

カフェ開業資金の内訳

カフェを開業する際に必要となる資金は主に次のような内訳になります。

  • 店舗の保証金
  • 内装工事
  • 設備
  • 運転資金

各内訳の内容について、ひとつずつ見ていきましょう。

店舗の賃貸費用

カフェを開業するからにはまず何はなくとも店舗が必要となります。
毎月の賃貸費用の他に、契約の際には店舗の保証金が別途必要になります。

都内では家賃の6~10ヶ月分あたりが相場です。
例えば月10万円の物件で保証金が8ヶ月分なら、80万円が最初の契約時に必要です。

なお、田舎の方であれば同じような物件で家賃5万円、保証金2ヶ月分など、もっと安くすむことがあります。

内装工事

飲食物を提供する場合、保健所に営業許可を申請する必要があるため、ガス、水道、電気の設備を整えるための資金が必要になります。
また、内壁や床、天井などの内装も整えるための資金が必要です。

直前まで飲食店をやっていた店舗を内装などもそのままに借りる居抜きであれば、これらの費用はおさえられますが、代わりに造作譲渡料が必要になります。

コーヒー博士
居抜きに対して何も内装の無い状態をスケルトンと言うのじゃ。

また内装の一部はDIYをすることで費用をおさえられますが、材料費や工事期間中の賃貸料、自身の生活費のための資金はどうしても必要になります。

設備

カフェの開業には、内装工事と同様に飲食物を提供するための設備が必要です。
シンク、厨房機器、エスプレッソマシン、オーブン、空調設備、冷蔵庫、製氷機、食器、椅子、テーブル、家具、インテリアなどを開業までに整えるための資金が必要になります。

多くの場合、開業の費用をおさえるために、飲食店専門のリサイクルショップ中古の備品を揃えることになります。
必要な資金は1/3程度までおさえることができます。

また、高額な厨房機器をリースにすることで、開業の初期費用を節約することもできます。

運転資金

カフェを開業してから、お店を継続していくための資金も準備が必要です。
家賃、人件費、材料費、水道光熱費などがそれにあたります。

一般的には、カフェの売上と別に、開業後6ヶ月運営できるだけの資金があれば良いと言われています。

コーヒー少女
カフェを開業してみても思ったようにお客さんが入らないかもしれないものね。

カフェ開業資金の調達方法

カフェを開業するための資金はどのように調達すべきでしょうか。
一般的な資金の調達手段には次のようなものがあります。

自己資金
どのような調達手段を使うにしても、自己資金は必要になってきます。
銀行などから資金を調達する場合は、全体の1/3を自己資金で用意する必要があります。
家族
家族や親類から資金を融資・譲渡してもらうのも、資金調達の手のひとつです。
投資家
ベンチャーキャピタルを通して投資家から資金を調達します。
クラウドファンディング
クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げ、一般の方から広く資金を調達します。
銀行
銀行からの融資によって資金を調達します。
カフェの開業で最もよく使われる手段です

さいごに

いかがでしたでしょうか

カフェの開業はすべてのコーヒー好きの夢ではないでしょう。
少なくない金額努力が必要にはなりますが、事前準備をしっかりと行えば、自分だけのカフェも夢ではなくなります

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *