コーヒーの抽出方法とその種類は?最適温度と時間について紹介!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 28 秒です。


コーヒーの抽出方法と聞くと、ペーパードリップを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は、その他にも様々な抽出方法があるのです。

今回は、その点について詳しく紹介していきたいと思います。

また、コーヒーを美味しく抽出するためのポイント、最適温度時間についてもお伝えします。

抽出方法に合わせた挽き具合

コーヒー豆の挽き具合は、抽出方法によって異なります。

コーヒーの粉が、水に接する時間が長いほど粗く、短くなるにつれ細く挽いていきます。

正しい挽き具合を知ることで、コーヒーの最高の風味を引き出すことができます。

コーヒーの抽出方法・ドリップ編

ドリップコーヒーは、家でも簡単に淹れることができる、代表的な抽出方法です。

コーヒーの味だけでなく、淹れるときの過程や香りも楽しむことができます。

フィルターを通してコーヒーを抽出しますが、種類がいくつかあります。

●ペーパーフィルター

ペーパーを通して抽出するので、コーヒーオイルが吸収され、さっぱりとした飲みやすい味わいになります。

抽出後は、ペーパーと豆かすをそのまま捨てることができるので、後片付けも簡単です。

●金属フィルター

抽出の仕方は、ペーパーフィルターと基本的に同じですが、コーヒーオイルを吸収しないので、コーヒーの個性をより感じることができます。

金属フィルターは繰り返し使うことができるので、エコで経済的です。

●ネルフィルター

布のフィルターを使用したもので、最高の抽出方法とも言われています。

ペーパーフィルターよりもコーヒーオイルを抽出しやすく、金属フィルターよりも雑味や微粒子を抑えることができます。

コーヒー博士
ドリップ式のコーヒーメーカーは、ペーパーフィルターか金属フィルターで抽出しておる。自分の好みや、生活スタイルに合わせて選ぶと良いぞ。
スポンサーリンク

コーヒーの抽出方法・演出編

喫茶店やカフェで見かける、おしゃれな抽出方法についてご紹介します。

器具さえあれば、家でも簡単にできるので、お客さんが来た時に一緒に楽しむのもオススメです。

●サイフォン

コーヒーができあがるまでの過程が見れる、演出効果No.1の抽出方法です。

沸騰したお湯がコポコポと音を立てたり、コーヒーが上下したりする姿は、見ているだけで楽しめます。

●フレンチプレス

コーヒー本来の風味を、1番ダイレクトに感じることができます。

コーヒー豆とお湯を混ぜるだけ、という手軽さですが、本格的な味わいを楽しむことができます。

最適温度と時間

どの抽出方法を使用するにしても、美味しいコーヒーを淹れることができるかどうかは、温度と時間が大きなカギとなってきます。

まず、温度について。

コーヒーを抽出する際の温度は、90〜96℃が適温と言われています。

目安として、沸騰したやかんをそのまま30秒ほど置いた状態にすると、丁度良い温度になります。

これより低い温度で抽出すると薄い味わいに、逆に高い温度で抽出すると、苦みや渋みが強調されてしまいます。

ちなみに、飲み頃の温度は68〜70℃がベストです。

コーヒー少女
淹れたてのコーヒーを冷めにくくするために、コーヒーカップを温めておくと良いわよ。

では次に、時間について。

適正な抽出時間は、抽出方法やコーヒー豆の量によって変わってきますが、大体2〜6分くらいと言われています。

例えば、ペーパーフィルターは2分30秒、フレンチプレスは4分です。

抽出時間が短いと、美味しい要素が十分に抽出されず、水っぽいコーヒーになります。

抽出時間が長いと、余分な雑味も抽出されてしまい、コーヒー本来の味や風味に影響を与えてしまいます。

コーヒー少女
推奨時間で抽出できるよう、タイマーを使うと良いわよ。

さいごに

代表的なコーヒーの抽出方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか。

もしかすると、今まで聞いたことのないものも、幾つかあったかもしれませんね。

それぞれ、メリット・デメリットがあるので、自分に合った抽出方法をぜひ探してみてください。

また、どの抽出方法を使用したとしても、温度と時間は重要なポイントになってきます。

正しい抽出方法で、最高の一杯を楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *