デカフェのコーヒーと紅茶について!スタバのメニューは?

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 38 秒です。


はじめに

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
さまざまな品種のコーヒーとともに、まったりと過ごされていることでしょう。

ところで皆さん、デカフェのコーヒーはご存知でしょうか。
スタバでもコーヒーのオプションにある、あのデカフェのことです。
まさか何も知らずにデカフェを選んでいた、なんてことはありませんよね。

今回はそのデカフェコーヒーについて扱います
ただコーヒーを扱うだけでなく、紅茶との比較なども考えていきます。
最後にはスタバのデカフェについてもご紹介します。

コーヒー博士
今回はデカフェコーヒー・紅茶についての記事です。

デカフェコーヒーとは

まず、そもそもデカフェのコーヒーとはについてご説明します。
デカフェコーヒーとは、カフェインをなるべく取り除いたコーヒーのことを指します。
なるべくなので、一応ごくわずかにカフェインが含まれています。

デカフェは、カフェインによる健康被害が少ないことが特徴のコーヒーです。
そのため体調管理を気にする敏感な方には、うってつけといっていいでしょう。
スタバでオプションとなっていることで、ご存じの方も多いはず。

コーヒーの場合は、デカフェにするため2つの方法があります。

デカフェの方法
  1. 加工してデカフェにする
  2. 元からデカフェの豆を作る
1つめは、薬剤や水、二酸化炭素によってデカフェにする方法です。
2つめは、元からカフェインが含まれていないコーヒーの豆を生産する方法です。
現在では有害な物質を使わない二酸化炭素などが、デカフェ精製の主流でしょうか。

どちらで作られたものもデカフェと呼ぶことになっています。
欧米ではデカフェと呼ぶためにはある程度の基準がありますが、日本にはありません。
気にされる場合は、品質表示や生産方法の表示があるデカフェ製品を選ぶようにしましょう。

ちなみに似たような言葉として、ノンカフェインコーヒーなどもあります。
あれはカフェインがもともと一切含まれないコーヒーのため、デカフェと別物といえます。
現状精製が非常に難しいため、デカフェに比べ高価なものが多いとだけ申しておきましょう。

コーヒー少女
ほうほう、デカフェってカフェインが少ないコーヒーなんだね。
【スポンサーリンク】

デカフェ紅茶とは

コーヒーだけでなく、紅茶などにもデカフェ製品は作られています。
飲み物の中ではやはり、カフェインが気になる紅茶がメインといえましょう。

例えば上のページにもあるように、さまざまなデカフェ紅茶が開発されています。
日本でいえば、大手のLUPICIAや日東紅茶などが有名でしょうか。
紅茶の老舗がいっせいにデカフェを売り出すほど、人気メニューとなっています。

デカフェ紅茶のメリットはやはり、コーヒーと同様健康被害が少ないこと。
紅茶はコーヒーに比べ口当たりが優しいため、気にされる方は特に好まれるようです。
コーヒーに含まれる油分などもなく、お肌にも良い感じです。

せっかくであれば、デカフェ紅茶でもいろいろな味わいを試したいもの。
ミルクだけでなくレモンやハーブなど、さまざまな味を楽しめるのも紅茶の特徴です
デカフェでも、コーヒーにはないフレーバーなどを試してみるのも、面白いのではないでしょうか。

コーヒー博士
私はやっぱり、デカフェハーブティーでしょうか。

スタバのデカフェについて

日本でデカフェを知らしめたのは、スタバといっても過言ではないでしょう。
たびたび触れている通り、スタバはオプションにデカフェを用意しています。

スタバ公式では99%以上のカフェインを取り除いたと公表しており。
味わいをそのままに、健康被害を極力抑えたメニューとして提供しています。
実際に飲んでみればわかるとおり、味についてはほぼ変わった感じがありません。

2017年からは日本でもスタバ公式メニューのラテとして登場。
さらに身体に優しいメニューとして、アピールしてきているようです。
これからスタバはいつものラテだけでなく、デカフェも売り出すのかもしれません。

コーヒー少女
コーヒーのスタバだもん、デカフェにもこだわってほしいよね。

さいごに

コーヒー博士
デカフェコーヒー・紅茶についていかがでしたか。
コーヒー少女
いろいろあって楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *