ベトナムコーヒーとは?淹れ方・特徴・フィルターについて!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 9 秒です。


はじめに ベトナムコーヒーとは

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
ドリップやプレスなどで、優雅に淹れて味わっておられることでしょう。

ところで、皆さんはベトナムコーヒーをご存知でしょうか。
ベトナム発祥で主にアジア系の国で好まれる淹れ方の一つです。

フランスではカフェオレ、イタリアではエスプレッソ、といった感じで。

一つの淹れ方として確立されている、特徴的なフィルターを使った淹れ方です

今回はそのベトナムコーヒーの淹れ方についてご紹介します。

そもそもベトナムコーヒーとは、といった特徴はもちろん。
フィルターの購入方法などについても触れていきます。

この記事をきっかけに、ベトナムコーヒーの魅力に気づいていただければ幸いです。

コーヒー博士
今回はベトナムコーヒーとその淹れ方についてです。

ベトナムコーヒーの特徴

ベトナムコーヒーは、先述の通りベトナム発祥の淹れ方です。
金属製のフィルターを使って、豆をフレンチプレスのように挟むのが特徴です。

お湯を注ぐことで、フィルターの底の穴からコーヒーを抽出する淹れ方になります。

ベトナムコーヒーで使う豆は深炒りのものが多く、コーヒーの味も濃くなります。

そのためグラスの底にコンデンスミルク、練乳を入れてまぜるのが特徴です。

ミルクではなく練乳、甘いコーヒーがベトナムコーヒーの味です

お客さんなどに出す時はフィルターを乗っけて出すのも特徴ですね。
いつものコーヒーではありえませんが、フィルター付きなのがベトナムコーヒー。

プレス式のフィルターなので、抽出に時間がかかるのが主な理由なのかもしれません。

ちなみに、このフィルターを使ったベトナムコーヒー。
ベトナムがフランスによって統治されていた、戦前の頃にできたものです。

フレンチプレスのようなフィルターや、フレンチローストのような深入りの豆。

ベトナムコーヒーの特徴は、フランスの文化に大きく影響を受けていたりします。
知っていると、いつか自慢できるかもしれませんね。

コーヒー少女
ベトナムコーヒーってすごく独特なんだねー。

ベトナムコーヒーの淹れ方とフィルター

次に、ベトナムコーヒーの淹れ方についてご紹介します。

用意するもの
ベトナムコーヒー用フィルター
グラス
深炒りのコーヒー豆
お湯
淹れ方
  1. フィルターにコーヒー豆を入れてフタをする
  2. グラスにコンデンスミルクを入れる
  3. フィルターで抽出したコーヒーを混ぜて完成!

淹れ方は以上のとおり、そんなに難しくないですよね。
それでは、各手順ごとにコツをお教えします。

1.フィルター

ベトナムコーヒーでは、金属製の特徴的なフィルターを使用します。

通販などで一つ1000円ほどのお手頃さなので、どうぞ検討してみてください。
ペーパーフィルターいらずで楽、というレビューもあるようですよ。

2.グラス

ベトナムコーヒーでは、カップではなくグラスを使うのが特徴です

マグカップでも淹れられますが、こだわるならばグラスを使ってみましょう。

コンデンスミルクの目安は、底が見えなくなるぐらい。
あとはお好みで淹れ方を変えてみてください。

3.コーヒーを混ぜる

ベトナムコーヒーは、お客さんに出した後フィルターを取ります。

そしてミルクと混ぜていただくのがベトナムコーヒー。
甘さと苦さをセットでいただくのが特徴です。

まったりとしたコーヒータイムを味わってみてください。

ここで紹介したのはホットのベトナムコーヒーの淹れ方です。

もしアイスで飲みたい場合は、グラスに氷を入れて冷まして飲んでみてください。

ミルクコーヒーのロック、みたいに出すとインスタ映えするかもしれませんね。

コーヒー少女
アイスのベトナムコーヒー!なんかいいかも!

さいごに

コーヒー博士
ベトナムコーヒーについてはいかがでしたか。
コーヒー少女
やみつきになりそうです!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *