カフェインレスコーヒーとは|危険性・作り方をご紹介!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 24 秒です。


はじめに カフェインレスコーヒーについて

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
ほっかほかのコーヒーとともに、ぬくぬくと過ごされていることでしょう。

さて、皆さんはカフェインレスコーヒーはご存知でしょうか。
読んで字のごとく、カフェインをなるべく取り除いた作り方のコーヒーのことです。
スタバなどではデカフェと呼んでいるため、そちらのほうが馴染みあるかもしれません。

そのカフェインレスコーヒー、実はある程度危険な飲み物なことにお気づきでしょうか
豆の仕入れから作り方に至るまで、身体によくない部分があったりします。

そんなカフェインレスコーヒーの危険性について、ご説明したいと思います。
普段何気なく飲んでいるコーヒーについて、見直す機会になれば幸いです。

コーヒー博士
今回はカフェインレスコーヒーの危険性について扱います。
すべてがすべて危険というわけではないので、ご安心を。

カフェインレスコーヒーの危険性 豆から考える

そもそもコーヒーの作り方といえば、コーヒー豆を焙煎し抽出するのが普通ですね。
カフェインレスであっても、いつもの作り方でコーヒーを入れていると思います。
もし、そのコーヒー豆自体が体に悪いとしたらどうでしょうか。

バターコーヒーで一躍有名となった『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』。
その著書ではダイエット法の他に、コーヒー豆のカビについて広く知らしめたことでも有名です。

平成20年度の国会質問で、コーヒー豆の危険性について取り上げられています。
コーヒー豆のカビについてどのような対策を行っているかについて、が主題です。

実は、コーヒー豆はカビ毒を含みやすい食材として有名です。
コーヒーの作り方は悪くないのに、吐き気や気分が悪くなる……。
そんな症状は、もしかしたらカビ毒の危険性があるかもしれません。

特にカフェインレスコーヒーは、その危険が高くなるといわれています。
その理由は、カフェインレスコーヒー自体の作り方にあります。

カフェインには本来、抗菌採用が多く含まれています
カフェインレスとなると、カフェインごと抗菌作用を取る作り方をしています。
そのため、カフェインレスはカビ毒のリスクが高まるのは確実です。

以上のように、コーヒー豆自体に危険性があることをご説明しました。
カフェインレスに限らず、コーヒーという飲み物全体の危険性であることを覚えておいてください。
特にカフェインレスは、良い豆を選ぶよう心がけてください。

コーヒー少女
カフェインレスは怖いかもだけど、よほど悪い豆じゃなけりゃヘーキだよね?

 

安全なカフェインレスコーヒーについて

それでは、危険性なんか考えなくてもいいカフェインレスコーヒーはあるのでしょうか。
大丈夫です、簡単な方法がいくつかあります。

  1. 良い豆を選ぶ
  2. 適切に保存し淹れる
  3. 敏感な店を選ぶ

1.豆

普段からカフェインレスコーヒーを飲んでいるのであれば、まず気をつけるのは豆。
作り方が良くても、豆自体が悪ければ意味がないですよね。

そのため、カフェインレスでも豆そのものがカビていないものを選びます。
ハンドピックなどで品質に気をつけている豆を選ぶと良いでしょう。

2.保存

今度はコーヒー豆自体がよくても、保存状態が悪ければ当然カビます。
作り方にこだわらず、高温多湿を避けてなるべく早く飲むのが一番でしょう。

もしどうしても気にされる場合は、ビニールでの密閉をおすすめします。
コーヒーの容器ごと包むことで、空気に触れる機会をなるべく少なくできるでしょう。

3.店

ネットにはいろんな情報があってどうしたらいいかわからない……。
そんなときは、ローカルの情報を頼りましょう。

自家焙煎、ハンドピックなどを掲げている店は、悪い豆を使うことはまずないでしょう。
豆の品質にこだわっている店があれば、その店員さんにすぐさま聞いてみましょう。
作り方や欠点豆について聞けば、くわしく親切に答えてくれるはずです。

コーヒー少女
カフェインレスでも作り方に気をつければ、安全に飲めるよね。

さいごに

コーヒー博士
カフェインレスコーヒーの危険性はいかがでしたか。
コーヒー少女
気をつけながらも、おいしく味わいましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *