【水出しコーヒーの作り方】豆の分量と美味しい条件について!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 33 秒です。


はじめに

皆さんはコールドブリューという言葉をご存知でしょうか?

いわゆる水出しコーヒーのことです。

最近は色々なところでコールドブリュー、あるいは水出しコーヒーの文字を目にするようになりました。

一昔前までは、よほどこだわっているカフェに水出しコーヒーのためのウォータードリッパーが置いてある程度でした。

今ではちょっとしたカフェにも、水出しコーヒーがメニューに並んでいますし、あるいは缶コーヒーにも水出しコーヒーをウリにしているものがあります。

水出しコーヒーのための器具も数が増えてきました。

本格的なウォーターサーバーから、お茶出しのボトルのような簡易的なものまで、様々あります。

ということで今回は、水出しコーヒーの作り方に加えてコーヒー豆の分量と、美味しくなる条件について紹介

話題の水出しコーヒーの作り方、豆のこと、分量などについてご紹介していきます。

水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーの作り方には、大きく分けて二つの方法があります。

  • 透過式
  • 浸漬式
コーヒー博士
それぞれの作り方について、簡単に解説するぞい

透過式

いわゆるウォータードリッパーを使った、昔ながらの水出しコーヒーの作り方です。

フィルターにセットしたコーヒー粉の上から水を滴下して抽出します

専用の器具が必要で、その器具も高価なため、手が出しにくい作り方でした。

今ではよりお手頃な値段で、作り方も簡単な水出しコーヒーのためのウォータードリッパーが出ています。

浸漬式

水出しコーヒーの作り方で、もっとも簡単なのがこの方法です

水の中にコーヒー粉を浸しておくだけというシンプルな作り方です。

ご家庭でも簡単に作ることができます。

カフェプレスを使う作り方、お茶のパックなどにコーヒー豆を詰める作り方、パックのかわりにボトルとフィルターがセットになったお手頃な器具もあります。

スポンサーリンク

コーヒー豆

次に水出しコーヒーに使うコーヒー豆について、見ていきます。

焙煎度

水出しコーヒーに使う豆の焙煎度は、一般的に深めのものが良いとされています。

水出しコーヒーが低温の水で抽出するため、旨味やコクの大本である油分が出にくいことが理由です。

また、コーヒーは低温だと特に酸味を感じやすいことも理由にあげられます。

一方で、焙煎の浅い豆でも抽出時間、挽き目、分量、抽出法などの作り方を工夫すれば、紅茶のようにすっきりした味わいの水出しコーヒーになります。

コーヒー博士
このあたりは味の好みによるかもしれんのう

種類

豆の種類は苦味や香りの良い豆を選ぶと良いとされています。

これも先の焙煎度と同じ理由です。

酸味が特徴的な豆でも、作り方によっては爽やかな味わいの水出しコーヒーになります。

コーヒー少女
まずは普段飲む好みの豆で試してみるのがよさそうね

挽き目

豆の挽き目は水出しコーヒーの手法によって少し異なります。

透過式
豆の挽き目は中細挽きくらいがおすすめ
浸漬式
豆の挽き目は粗挽き~中挽き程度がおすすめ
コーヒー博士
あまり豆が細かすぎるとエグみを感じやすく、作り方や器具によっては、微粒粉を濾しきれないこともあるぞい

分量

豆の分量は100ccで10gが基準となります。

豆の種類や焙煎度によっても、分量は多少変わってきます。

まずは一度淹れてみて、そこから好みによって分量を調整するのが良いでしょう。

薄く感じたのであれば、豆の分量を増やすか、抽出時間を長めにとってみましょう。

濃く感じたのであれば、豆の分量を減らすか、抽出を短くするか、あるいは抽出後に単純に水で割ってもいいでしょう。

コーヒー少女
濃い目に作っておいて、あとで氷や水で割って飲むのもいいわね

抽出時間

水質気温分量によって左右されます。

夏場なら4~6時間でしっかりと味が出ますし、冬場なら6~12時間くらい待った方がよい場合もあります。

コーヒー博士
焦らずじっくり待つのが、美味しい水出しコーヒーを作る秘訣じゃな

さいごに

いかがでしたでしょうか。

水出しコーヒーは今やご家庭でも簡単に試せるようになりました。

作り方も以前のような高価で専門的な器具を使うものから、より簡単な作り方ができるものが増えています。

暑い時期にはご家庭でも水出しコーヒーを作って涼んでみるのも良いかも知れません。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *