アメリカーノとアメリカン|作り方と違いや注意点を紹介!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 15 秒です。


はじめに アメリカーノとアメリカン

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
アメリカーノなどとともに、ゆったりと過ごされていることでしょう。

突然ですが、皆さんはアメリカーノとアメリカンがあるのはご存知でしょうか。

アメリカーノとアメリカン、名前は似ていますが非なるもの。
それらの違いや作り方については案外忘れているかもしれません。

今回は、そのアメリカーノとアメリカンの違いについてご紹介します。

そもそもアメリカーノやアメリカンとは、といったところから始めて。
作り方の違いなどについても触れていきます。

コーヒー博士
今回はアメリカーノとアメリカンについて扱います

アメリカーノとアメリカンの違い

そもそもアメリカーノやアメリカンとはどのような飲み物でしょうか。
まずはその違いから触れていきます。

アメリカーノの特徴とは?

アメリカーノは、その名の通りイタリア語が語源のコーヒーです。

イタリアといえばエスプレッソ、そのエスプレッソをお湯で薄めたものです。

もともと濃いエスプレッソを、ブレンドぐらいに割るのが作り方となります。

アメリカーノはもとがエスプレッソのため、苦みが強く感じられるのが特徴。

作り方からもわかるように、エスプレッソの味によって左右される飲み物です。

スタバなどが好きな方は、アメリカーノの味は馴染みがあるかもしれません。

ただ家庭ではあまりエスプレッソマシンがないため、馴染みが少ないかもしれません。

アメリカンの特徴とは?

アメリカンは、どうやら和製英語のメニューのようです(語源は諸説あります)

アメリカーノとは違い、浅めに焙煎した豆を使って抽出しています。
そのため作り方は、いつものブレンドコーヒーと同じ感じで考えるとよいでしょう。

アメリカンは浅めの豆を使うため、苦みの少ないすっきりした味が多いです。

そのためコーヒーフリークからは、物足りない、薄いと思われがちです。

しかししっかり丁寧に抽出すれば、アメリカンでもおいしいコーヒーが飲めます。
作り方にこだわることで、ハワイコナのような爽快感のある味になるでしょう。

違いを簡単にまとめておきますので、覚える際は下を参考になさってください。

  • アメリカーノ=エスプレッソをまとめたもの
  • アメリカン=浅めの豆で抽出したもの
コーヒー少女
アメリカーノって薄めたやつだったんだ、知らなかったー。

アメリカーノとアメリカンの作り方

次に、アメリカーノとアメリカンの作り方について簡単に説明します。

アメリカーノの作り方
  1. エスプレッソを一杯分用意する(30ccほど)
  2. お湯を適量用意する(コーヒーの3倍ほど)
  3. 混ぜて完成!

基本的には、エスプレッソとお湯を混ぜるだけが作り方となります。
濃くてえぐみのあるエスプレッソを、お湯でやわらげる。

そのイメージと分量で作ってみると、しっかりとした味のアメリカーノになるはずです

やはり一番ネックとなるのは、1.のエスプレッソでしょうか。

普段のコーヒードリップとは違い、コーヒー豆に圧力をかけるマシンが必要です。
ご家庭で用意するとなれば、専用の大きなマシンが必要と思われがちです。

ただ、今では様々なメーカーが、家庭用マシンを用意しています。
例えばデロンギでは、6万円ほどのエントリーモデルなども出ています。

コーヒー通は、エスプレッソで違いを試してみてはいかがでしょうか。

アメリカンの作り方
  1. 浅めのコーヒー豆を用意する
  2. 一杯分のお湯をフィルターに注ぐ
  3. 抽出して完成!

アメリカンの作り方は、普段のコーヒーと同じなのでさほど言うことはありませんね。
いつものコーヒーの作り方と違いがないので、詳しい説明は省きます。

ただ気をつけてほしいのは、浅めに炒ったコーヒー豆を用意することをお忘れなく。

浅めに抽出するのではなく、浅めの豆を使って抽出することです。
作り方を勘違いするとただの薄いコーヒーができてしまうので、気をつけてください。

コーヒー少女
ちゃんと違いを理解して作らないと、ね!

さいごに

コーヒー博士
アメリカーノとアメリカンについていかがでしたか。
コーヒー少女
よぉーくわかりましたっ!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *