ウインナーコーヒーとは?作り方と飲み方や由来もまとめました!

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 6 分 24 秒です。


はじめに

皆さんはウインナーコーヒーをご存知ですか?

コーヒー好きなら一度は聞いたことのある、ウインナーコーヒー。
いわゆる純喫茶と言われるようなクラシックなムードのただようコーヒー専門店のメニューを開くと、必ずと言っていいほど、このウインナーコーヒーの名前を目にします。

では、ウインナーコーヒーとは実際に、どんなコーヒーなのでしょう?
あらためて問われると、はっきりとは分からないという方も多いのではないでしょうか。

コーヒー博士
コーヒーとはあいそうもない食べ物を思い浮かべてしまうのう……
コーヒー少女
ウインナーコーヒーの言葉の意味や由来も気になるわね

というわけで今回は、ウインナーコーヒーとは?その作り方と飲み方やその由来をまとめました!

ウインナーコーヒーとはどんなものか、その作り方や飲み方、そして気になる名前の由来まで、ご紹介していきます。

ウインナーコーヒーとは?

ウインナーコーヒーとはズバリ、ホットコーヒーの上にホイップクリームを乗せたものになります。
作り方自体はとてもシンプルなコーヒーです。

名前の由来

ウインナーコーヒーという語を初めて聞いた時、まず先に何を思い浮かべますか?
ありえないとおもいつつもウィンナーソーセージを連想してしまいませんか?

ウインナーコーヒーとウィンナーソーセージの語はそもそも同じ由来を持っています。

「ウィーンの」

ウインナーコーヒーのウィンナーWienerドイツ語で「ウィーンの」を意味します。
ウィーンとはオーストリアの首都のことです。
つまり、ウインナーコーヒーとはつまり「ウィーン風のコーヒー」のことなのです。

同様に、ウィンナーソーセージのウィンナーも「ウィーン風」を意味します。
この2つの語はそもそも同じ由来の語なのです。

コーヒー少女
イメージが混同してしまうのは仕方がないわね

ウィーンにウインナーコーヒーは存在しない?

その名はウィーンに由来するウインナーコーヒーですが、実はウィーンのカフェにWiener Kaffeeというメニューはありません
実際にウィーンで飲まれていて、ウインナーコーヒーに近い作り方のコーヒーには、次のようなものがあります。

アインシュペナー

基本的にウインナーコーヒーと同じものですが、ホットコーヒーに同量のホイップクリームを乗せて、カップではなくグラスで提供されます。
グラスから見えるコーヒーとクリームのコントラストを楽しみながら飲むのが通な飲み方だとか。

ちなみに、アインシュペナーとは「一頭立ての馬車」の意。
この飲み物が初めて作られた時、主人を待つ馬車の御者に多く飲まれたことに由来するそうです。

カフェー・ミット・シュラークオーバース

ホットコーヒーとともに、砂糖をかけたホイップクリームを別の器で提供するメニューです。
名前はそのまま「砂糖がけのホイップクリームを添えたコーヒー」を意味します。

メランジェ

いわゆるカプチーノのことで、コーヒーと温かいミルクを混ぜた上に泡立てたミルクが乗っています。
ウィーンで最もよく飲まれるコーヒーと言われています。

フランツィスカーナー

メランジェの泡をホイップクリームに置き換えたものです。

ウインナーコーヒーの由来

日本でウインナーコーヒーが初めて出されたのは、神保町の喫茶店だと言われています。
おそらくウィーンで見かけた飲み方を、ウィーンに由来するコーヒー「ウインナーコーヒー」として、メニューにしたのでしょう。
いつしかその名前と作り方とともに、ウインナーコーヒーは日本中に伝播しました。

コーヒー博士
日本以外では、トーマス・マンの本にWiener Kaffeeの語がでてくるが、残念ながら作り方までは触れられておらんのじゃ
【スポンサーリンク】

ウインナーコーヒーの作り方

では実際に、ウインナーコーヒーの作り方を見ていきましょう。
作り方自体はとてもシンプルです。

  • 1.ホイップクリームを立てる。固さはお好みで。
    甘いのが好き、固めにホイップしたい場合は砂糖を
  • 2.ドリップなどでコーヒーを淹れる
  • 3.グラスにコーヒーを注ぐ
    お好みでザラメなどを加える
  • 4.コーヒーの上にホイップクリームを乗せる
    量はお好みで
コーヒー少女
作り方は本当にシンプルなのね

ウインナーコーヒーの飲み方

次に、ウインナーコーヒーの飲み方を見ていきましょう。
ひとそれぞれ好みがありますが、大きく分けると2つの飲み方があります。

  • 混ぜる飲み方
  • 別々に楽しむ飲み方

コーヒーの上に乗っているホイップクリームをどうするかが飲み方のポイントです。

混ぜる飲み方
普通のミルクよりも脂肪分がある分、コクもあって、マイルドなコーヒーを楽しめます
別々に楽しむ飲み方
デザート感覚でクリームをなめつつ、コーヒーを飲むのがよいでしょう。
クリームが別添えのカフェー・ミット・シュラークオーバースに近い飲み方と言えそうです。
おすすめの飲み方
最初にクリームとコーヒーを別々に楽しみつつ、量が減ってきたところで混ぜる飲み方がおすすめです。
どちらの飲み方も楽しめる、いいとこ取りの飲み方です。
コーヒー博士
その時の気分や好みで飲み方を変えるのもよいのう

さいごに

いかがでしたでしょうか?

オーストリアの首都ウィーンに由来する、ホイップクリームを浮かべたオシャレなウインナーコーヒーを、この機会に一度、試してみてはいかがでしょう?

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *