カフェオレの作り方|カロリー・カフェイン量もご紹介!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 15 秒です。


はじめに カフェオレについて

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
温かいコーヒーとともに、ゆるやかに過ごされていることでしょう。

ところで、皆さんはカフェオレをご存知でしょうか。
フランスで生まれた、牛乳をたっぷり入れるあのコーヒーの飲み物です。
苦いのが苦手という方は、すでにカフェオレをメインで召し上がっているかもしれませんね。

今回はそんな優しい味のカフェオレについて扱います

基本的な作り方やカロリー、カフェインの含有量にいたるまで。
カフェオレのおいしさをどんどん伝えてきたいと思います。

この記事をきっかけに、カフェオレのおいしさに気づいていただければ幸いです。

コーヒー博士
今回はカフェオレの作り方やカロリー・カフェインについて紹介します。

カフェオレの作り方

まずはカフェオレの作り方から紹介します。

用意するもの
コーヒー豆 20g
お湯 100ml
牛乳 100ml
作り方
  1. コーヒー豆をお湯でゆっくりドリップする
  2. お好みで砂糖・はちみつなどをプラスする
  3. コーヒーと同じくらいの量の牛乳を加えて混ぜる
  4. 完成!

もっとざっくり説明すると、コーヒーに牛乳を加えるのが作り方となります。
難しくないですよね、簡単ですよね、カフェオレできそうですよね!

カフェオレの作り方のコツは、コーヒーをなるべくゆっくりドリップすることにつきます。
普段ドリップするときは、急いでついお湯を一気に入れがちです。

しかしカフェオレは牛乳を加えるため、味がぼやけやすいものです。
なるべくコーヒーをゆっくりドリップし、濃いめで牛乳と合わせるとよいでしょう。

先ほども記したとおり、カフェオレはもともと牛乳をたっぷり入れるものです
フランスの本格派の作り方を目指すならば、コーヒーだけでなく牛乳を厳選してみてくださいね。

もし材料から厳選する場合は、カフェオレに合う豆や牛乳などを選ぶのも手です。
カロリー・カフェインは度外視、味が一番という方は、ぜひ試してみてくださいね。

コーヒー少女
私はまったりが好きだから、牛乳たっぷりのカフェオレがいいかなー。

カフェオレのカロリー・カフェインについて

コーヒーの飲み物につきものなのは、カフェインの量です。
牛乳のカロリーも合わせて、カフェオレも栄養面が気になるはず。

今回は、カロリー・カフェインについてご説明します。

まず、カフェオレのカロリーは入れる牛乳の量に依存します。

目安として、上のようなコーヒー・牛乳ともに100mlでは、カロリーはだいたい70kcalぐらい。

砂糖を入れると、それに20kcalぐらいは増える計算になります。

カフェオレの場合は、牛乳を入れるためどうしてもカロリーが一定数含まれます。
そのためカロリーを減らそうと考える場合は、何かしら工夫が必要です。

ノンカロリーシュガーや低カロリー牛乳を選むなど、考えて飲まなければなりません。
なるべくカロリーの消費量が増えるよう、日頃の生活の見直しも心がけてください。

次に、カフェオレのカフェインは入れるコーヒーの量に依存します。
目安として、コーヒー100mlでは、カフェインはだいたい60mgぐらい。

何杯も飲むのでなければ、さほど気にすることはない数字といえます。

カフェオレに限りませんが、カフェインは一回の摂取量と一日の合計摂取量があります。
一回のカフェインが120〜180mgで、一日のカフェインが228〜342mgといわれています。

一日の合計に収まるからといって、一気に取るとカフェイン中毒を起こしがちです。
胃痛・吐き気・動悸などを感じたら、摂取を控えるよう心がけてください。

コーヒー少女
カフェオレの気にしすぎ、飲み過ぎに注意です!

さいごに

コーヒー博士
カフェオレの作り方、カロリー・カフェインはいかがでしたか。
コーヒー少女
気をつけながらおいしく味わいましょうね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *