コーヒーアレルギーとは?検査方法・症状5つを紹介します!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 5 秒です。


コーヒーを飲むと、体調が悪くなることがありませんか。

体調があまり優れない時に飲んでしまったり、カフェインを多く摂取してしまうと、身体に不調が出ることがあります。

しかし、頻繁に起きるようなら、それはコーヒーアレルギーかもしれません。

あまり知られていない言葉ですが、今回はコーヒーアレルギー」とは何か、その症状と検査の方法についてご紹介します。

コーヒーアレルギーとは

コーヒーアレルギーとは、日本ではまだ広く認知されていませんが、他の食物アレルギーと同様、身体に取り入れることで何らかの症状が出ることです。

食物アレルギーには「即時型アレルギー」と「遅発型アレルギー」の2種類あります。

即時型アレルギーは、命に関わるほど重症になることもありますが、食べてすぐ症状が出るので、何が原因なのか比較的分かりやすいです。

それと比べて遅発型アレルギーは、食べてからしばらく時間が経って症状が出るため、原因を特定するのが難しいです。

コーヒーアレルギーは遅発型アレルギーのため、自分では自覚していない人が多いようです。

コーヒーアレルギーの症状

コーヒーアレルギーは、人によってそれぞれ症状が違います

また、花粉症のようにある日突然発症します。

では、どのような症状があるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

・吐き気

最も多く見られるアレルギーの症状です。

コーヒーに含まれるカフェインによって、胃酸が必要以上に分泌され、気分が悪くなったり、胃に不調を感じたりします。

・蕁麻疹(じんましん)

コーヒーアレルギーで出る蕁麻疹は、みみず腫れのような湿疹で痒みを伴います。

アレルギー体質や花粉症の人に出やすい症状です。

・貧血

コーヒーに含まれるタンニンという物質は、鉄分の吸収を妨げます。

コーヒーアレルギーでないとしても、貧血持ちの方は飲み方に気をつけたいほうが良いかもしれません。

・咳&くしゃみ

風邪を引いていないのに、咳やくしゃみが止まらなくなる場合は、コーヒーアレルギーかもしれません。

コーヒーは陰性の飲み物で、身体を冷やす作用があると言われています。

紅茶や緑茶では出ないのに、コーヒーを飲んだ時に発症する場合は、アレルギーの可能性があります。

・腹痛

吐き気の時と同様、コーヒーに含まれるカフェインによって胃酸が過剰に分泌され、お腹が痛くなります。

また、カフェインには利尿作用もあるため、膀胱の痛みもともなうことがあります。

コーヒー博士
単発的に具合が悪くなっただけなら、単にコーヒーの飲みすぎかもしれんが、コーヒーを飲むたびに症状が出るようなら、アレルギーの可能性があるのう。

コーヒーアレルギーの検査方法

冒頭で述べたように、コーヒーアレルギーはまだ広く認知されていませんが、「lgGアレルギー(遅延フードアレルギー)」という検査方法があります。

この方法は、コーヒーだけでなく卵や魚介類、乳製品など96種類の項目を検査することができます。

アレルギー科や皮膚科、また内科でも検査してくれるところがあります

実は、自宅で調べることのできる検査キットもあります。

自分にどんなアレルギーがあるのか、手軽に検査することができます。

コーヒー少女
でも、病院の方がより確実だから、コーヒーを飲んだ後の症状で悩んでいる人は、病院で一度検査してもらった方が良いかもね。

さいごに

コーヒーアレルギーについて、症状や検査方法をご紹介してきました。

今回の記事で、コーヒーアレルギーという言葉を初めて聞いた方もおられるかもしれません。

自分に当てはまる点がいくつかある方は、検査をしてみることをお勧めします。

最近では、さまざまな食物アレルギーがあるので、他のアレルギーにも気付くことができるかもしれません。

また、コーヒーアレルギーでも、コーヒーが好きな方は大勢おられると思います。

そのような方には、ノンカフェインカフェインレスのコーヒーがオススメです。

カフェでも市販のものでも、徐々に種類が増えてきているので、ぜひお試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *