カフェロワイヤルとは?スプーンとブランデーでの作り方について

【スポンサーリンク】
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 21 秒です。


はじめに カフェロワイヤルについて

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
カップソーサーとスプーンで、優雅にコーヒーを召し上がっていることでしょう。

ところで、皆さんはカフェロワイヤルについてご存知でしょうか。
見た目にも美しくおいしく楽しめる、あのコーヒーです。
かのナポレオンも好んで飲んだという、由緒あるメニューです。

今回はそのカフェロワイヤルについてご紹介します
スプーンの使い方やカフェロワイヤルの作り方についても触れます。

コーヒー博士
今回はカフェロワイヤルの説明や作り方についてです。

カフェロワイヤルとは

そもそも、カフェロワイヤルとはどんなものなのか。
普段の喫茶店にはなかなかないので、ご存じない方もいらっしゃるはず。
それもそのはず、ブランデーを使ったメニューだからです。

カフェロワイヤルはコーヒーとブランデーを使った、アレンジメニューです。
コーヒーを角砂糖・ブランデーと混ぜていただく、少し変わった作り方です。
どちらかというと甘めの風味になるので、苦さはあまり感じません。

しかも本式のカフェロワイヤルでは、火を使ったライティングも行います
スプーンに載せた角砂糖を用意し、そこにブランデーを染み込ませます。
そのブランデーに火を付けると、青白い炎がコーヒーの上に灯るというわけです。

コーヒー少女
カフェロワイヤルって、なんだかおしゃれな作り方しそうだね!
【スポンサーリンク】

カフェロワイヤルのスプーン

カフェロワイヤルといえば、特徴的なスプーンを使うのも特徴といえます。
スプーンからブランデーがこぼれないよう、先が曲がった変わったスプーンがあります。
カフェロワイヤル用に作られた特注品なので、使っているのはよほどの通といえましょう。

カフェロワイヤルは、必ずブランデーのライティングをすべき、というわけではありません。
家で作る場合は、ブランデーと角砂糖をスプーンで混ぜる作り方で構いません。
気楽にカフェロワイヤルを楽しむのもアリですね。

コーヒー博士
次はいよいよ、カフェロワイヤルの作り方についてです。

カフェロワイヤルの作り方

次に、家庭でのカフェロワイヤルの作り方についてご紹介します。

必要なもの
  • コーヒー 適量
  • 角砂糖 1個
  • ブランデー 少量
  • スプーン 1本

まず必要なのは上記のとおりです。
本来であれば、カフェロワイヤルスプーンがあればベストです。
ただ今回は家庭でもできるよう、普通のスプーンで作り方を載せます。

カフェロワイヤルの作り方(簡易版)
  1. コーヒーをいつも通り淹れます
  2. スプーンに角砂糖を乗せ、ブランデーを染み込ませます
  3. スプーンを持ったまま、ブランデーに火を付けます
  4. 火が消えたら角砂糖をコーヒーに混ぜて飲みます

それでは、作り方の各手順ごとにコツをお教えいたします。

1.コーヒー

コーヒーは特別深炒りでないとだめ、などの指定はありません。
お好みのお味のコーヒーを淹れて、カフェロワイヤルを楽しみましょう。

2.ブランデー

角砂糖にかけるブランデーは、染み込む程度で構いません。
アイリッシュコーヒーのように、カクテルのように使うわけではありません。
そのためカフェロワイヤルのブランデーは少しだけ、風味をつける程度です。

3.スプーン

本来、カフェロワイヤルスプーンをカップの口にかけて火を楽しみます。
ただ家庭用のスプーンではそういかないので、手に持っておきます。
手が疲れるかもしれませんが、スプーンを落とさないよう気をつけてください。

4.角砂糖

カフェロワイヤルでの角砂糖は、ブランデーの香りがついた特別製です。

たっぷり溶かして、本場のエスプレッソのようにそのまま味わうのもよし。
コーヒーにゆっくり混ぜ込み、風味をたっぷり楽しむのもよし。

カフェロワイヤルの香りを十分に味わってみてください。

コーヒー少女
カフェロワイヤルの火って、なんだかほっこりするよね。

さいごに

コーヒー博士
カフェロワイヤルの作り方はいかがでしたか。
コーヒー少女
今度試してみます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

スポンサーリンク

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *