コーヒーとココアを混ぜる手順!カフェイン量と2つの違いも紹介!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 11 秒です。


苦いコーヒーと、甘いココア

イメージも味も全く違いますが、実はこの2つの飲み物、とても相性が良いのです。

では、この2つの飲み物を混ぜると一体どんなドリンクができるのか、一緒に詳しく見ていきましょう。

また、コーヒーとココアの違いや、カフェインについてもご紹介します。

コーヒー+ココア=カフェモカ風

cafemoka
カフェモカというドリンクをご存知でしょうか。

エスプレッソとミルク、そしてチョコレートシロップをブレンドした、ほろ苦さを楽しめる甘めのドリンクです。

エスプレッソは専用の機械がないと抽出することができませんが、エスプレッソをコーヒーに変えることで、カフェモカ風のドリンクを作ることができます。

カフェモカ風レシピ

お家で簡単にできる、カフェモカ風のレシピをご紹介します。

用意するものは、こちらです。

・マグカップ

・スプーン

・牛乳・・・・・・・・・・・160cc

・インスタントコーヒー・・・大さじ1杯

・ココア・・・・・・・・・・大さじ2杯

コーヒー少女
それぞれ分量はお好みで調整してね。インスタントコーヒーとココアは1:2の比率がオススメよ。

まず、マグカップに牛乳を注ぎ、電子レンジで1〜2分温めます。

温まった牛乳に、インスタントコーヒーとココアを入れてよく混ぜます。

なんと、これだけです!

ホイップをのせたり、ナッツ系のフレーバーシロップをプラスすると、おしゃれなカフェモカ風ドリンクが出来上がりです。

また、ココアをチョコレートに変えることもできます。

板チョコを1/8に割り、温めた牛乳に溶かせれば完成ですが、甘いのが好きな方は多めに入れてもOKです。

スポンサーリンク

コーヒーとココアの違い

カフェモカのように、コーヒーとココアは相性が良いですが、この2つは正反対の位置にあるドリンクです。

では、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

原材料の違い

原料がもともと違うので、全く別のドリンクと言えます。

どちらも植物の種子からできていますが、コーヒーは“コーヒーノキ”から、ココアは“カカオ”から取られています。

製法の違い

コーヒーは、コーヒーノキから取られた種子を乾燥し、焙煎させます。

水分が抜け茶色くなったコーヒー豆を、細かく挽いてお湯を注ぎ、フィルターを通して抽出します。

ココアは、カカオ豆を発酵、焙煎、乾燥、そして圧搾させ、“カカオマス”というものにします。

このカカオマスから、脂肪分とカカオバターを除去したものがココアになります。

コーヒー博士
ちなみに、カカオマスにカカオバターとミルク、砂糖を加えたものが、チョコレートになるのじゃ!

では最後に、コーヒーとココアのカフェイン量の違いを見ていきましょう。

コーヒーとココアのカフェイン

cocoacoffee
コーヒーにもココアにもカフェインは含まれていますが、カフェインの量には違いがあります。

ドリップで抽出したコーヒーは、1杯(150ml)あたり約135mgです。

それに対して、ココアは約40mgです。

ココアのカフェインは、コーヒーの約1/3とかなり少なめですよね。

また、コーヒーは抽出方法によっても、カフェインの量に違いが出てきます。

例えば、エスプレッソ1杯(50ml)では、カフェイン量は140mg。

インスタントコーヒーになると、1杯(150ml)で68mgです。

インスタントコーヒーを使用すると、カフェイン量がかなり少なくなりますが、それでもココアよりは多いですね。

カフェインは、他のドリンクにも含まれていることが多いので、気になる方はぜひ調べてみてください。

さいごに

今回は、コーヒーとココアを混ぜてできる、カフェモカ風ドリンクを紹介しました。

個人的には、疲れている時にオススメのドリンクです。

コーヒーに多く含まれているカフェインで元気になりますし、ココアの甘さにホッと癒されます。

コーヒーとココアの違いも見てきましたが、その時の気分やシーンに合わせて、ピッタリの一杯を楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *