塩コーヒーとは?効果・ダイエットや作り方とその味について!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 5 分 31 秒です。


はじめに

コーヒー好きの皆さん、コーヒーライフはいかがお過ごしでしょうか。
ハンドドリップのコーヒーとともに、優雅に過ごしていることでしょう。

ところで皆さんは、塩コーヒーをご存知でしょうか。
少しの手間で味を効果的に変える、あのコーヒーのことです。
ダイエット効果もあることから、若い女性にも最近注目されています。

今回はその塩コーヒーとは、について説明します。
さらにダイエット効果や具体的な作り方まで、いろいろ触れていきます。

コーヒー博士
今回の記事は塩コーヒーの作り方などについてです。

塩コーヒーについて

まずそもそも、塩コーヒーについてご説明します。
塩コーヒーとは、読んで字のごとくコーヒーに塩を入れたものです。
それだけで、いつものコーヒーの味が劇的に変わる効果があります。

ただ塩コーヒーでは、いつものシュガーのようにバサッと入れるわけではありません。
目安としては1グラム未満、ほんのひとつまみ入れるようなイメージです。
それだけの塩で、コーヒーの苦みや酸っぱさが抑えられるというのです。

なぜそうなるかの説明については、味覚の細かい知識が必要になります。
詳しく知りたい方は、次のページに事細かな説明がありますのでご覧ください。

塩コーヒーですが、珈琲焼酎のような単なるアレンジメニューというわけではありません。
コーヒーの原産国、エチオピアでは塩コーヒーが伝統的な作法としてあるのです

日本の茶道にも例えられる、エチオピアのコーヒー・セレモニー。
現地でいうカリオモンですが、その2杯目がまさに塩コーヒーにあたります。
作り方も同じ、コーヒーに塩を入れるものです。

単なる味の調整効果だけでなく、正式な作法が塩コーヒーの背景にはあります。
塩コーヒーの由緒を覚えていれば、どこかで自慢できるかもしれませんね。

コーヒー少女
塩コーヒーって、意外に古いものなんだね。
スポンサーリンク

塩コーヒーの作り方

次に簡単ですが、塩コーヒーの作り方についてご説明します。

塩コーヒーの作り方
  1. いつもどおりコーヒーを淹れる
  2. 塩をひとつまみだけ入れる
  3. ゆっくりとかき混ぜて完成

作り方の各手順ごとのコツについてもご説明しましょう。

1.コーヒー

お好みの味に合わせてコーヒーをいれましょう。
ただ塩コーヒーの効果を味わうならば、モカなど酸っぱい味を選ぶと良いでしょう。

2.塩

くれぐれも、塩をドサッと入れることなく少しだけ入れましょう。
前述の通り目安は1グラム未満、入れたかなぐらいの量で構いません。
塩コーヒーに塩辛さがあるのは、塩の入れすぎです。

3.かき混ぜる

塩は砂糖とは違い、溶ける量が温度によって変わらないものです。
溶け残るようであれば、やはり塩コーヒーとしては入れすぎでしょう
コーヒーの後味に変化があれば、だいたい成功したといえましょう。

コーヒー博士
塩はあくまでひとつまみ、作り方のコツをお忘れなく。

塩コーヒーのダイエット効果

ここまで塩コーヒーの作り方について述べてきました。
では、塩コーヒーにはどんなダイエット効果があるのか。
最後はダイエット効果について少しだけ説明します。

コーヒーはご存知の通り、脂肪燃焼を助ける効果があります。
運動の前にコーヒーを飲むなどすれば、余分な脂肪を燃やすダイエットができます。
コーヒーダイエットという言葉があるように、その効果は折り紙付きです。

そこにコーヒーに塩を加える作り方が、塩コーヒーのダイエット効果です
運動による発汗で失われがちな、カリウムやミネラルを補給できるのはもちろんのこと。
人間に必要なナトリウムを、ほどよく多すぎず摂取できることも特徴です。

ちなみに、塩抜きダイエットというものも世の中には存在します。
それは余分な塩分を取り除くという、栄養調整型のダイエットです。

塩コーヒーでダイエット効果を考えるぐらいであれば、気にすることはないでしょう。

コーヒー少女
塩分とりすぎに気をつけて、おいしくダイエットしようね。

さいごに

コーヒー博士
塩コーヒーの作り方などについていかがでしたか。
コーヒー少女
参考になりました!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *