コーヒーの飲み過ぎで病気?頭痛・腹痛・吐き気は必見!

スポンサーリンク
↓良かったらシェアしてください↓

この記事に必要な時間は約 4 分 24 秒です。


コーヒーは、健康やダイエット、病気の予防など、様々な効果があるため、どんどん需要が増えています。

しかし、コーヒーは体に良いからと飲み過ぎてしまうと、健康どころか病気を誘発してしまう可能性があります。

どのような危険や病気が潜んでいるのか、詳しく見ていきましょう。

コーヒーの飲み過ぎ・2つのパターン

コーヒーの飲み過ぎにも、2つのパターンがあり、それよって症状や病気が変わってきます。

1度に大量のコーヒーを飲んだ場合と、時間はあいているものの、1日の中で何回もコーヒーを飲む場合です。

1度に大量のコーヒーを飲んだ場合

1度に大量のコーヒーを飲むと、頭痛や腹痛、吐き気を感じることがありませんか。

コーヒー少女
頭痛などの異変は、体に悪影響を与えている危険なサインよ!

胃炎

コーヒーは適切な量であれば、胃の消化促進効果があり、健康な胃腸を維持することができます。

しかし、コーヒーの飲み過ぎが続くと、胃酸が必要以上に分泌され、胃を傷つけてしまいます。

悪化すると胃炎、胃潰瘍、最悪胃がんといった病気になるケースもあります。

病気にならないために、空腹時や食後に大量のコーヒーを飲まないようにしましょう。

急性・慢性カフェイン中毒

・急性カフェイン中毒

1度に大量のカフェインを摂取することで、自律神経が麻痺し、動悸や吐き気、頭痛、寒気などの症状が現れます。

また、緊張感や焦燥感、不安感などの症状が現れることもあります。

1時間に4杯以上3時間に10杯以上飲むと危険です。

・慢性カフェイン中毒

カフェイン依存症から、慢性カフェイン中毒となる可能性があります。

理由も分からずコーヒーが飲みたくなり、無意識に1日中飲み続ける、ということを毎日繰り返していると、知らないうちに発症しているかもしれません。

治そうと思っても、カフェインが体から抜けると、禁断症状として頭痛や吐き気が発生するため、ついコーヒーに手を出してしまいます。

飲み過ぎていることを自覚し、早い段階で治療することが大切です。

1日に何度もコーヒーを飲む場合

1日に何度も飲む場合は、頭痛や腹痛といった自覚症状はあまりないですが、知らないうちに、内臓の病気を誘発している可能性があります。

コーヒー博士
頭痛や吐き気などの症状がないからといって、コーヒーを飲み過ぎるのは危険じゃ。

糖尿病

コーヒーに含まれているカフェインやポリフェノールは、糖尿病を予防する効果があります。

しかし、コーヒーを飲み過ぎると、この成分が過剰に分泌されてしまいます。

血糖値を下げるよりも、逆に上げてしまい、糖尿病へと誘発されます。

毎日、コーヒーを6杯以上飲んでいる方は、 注意が必要です。

心臓病

適正のコーヒーの量であれば、血液がサラサラになり血流も上がるため、心臓の病気の予防に効果的です。

しかし、カフェインを過剰に摂取すると、消化促進ができなくなったり体が酸化してしまい、血液がうまく流れなくなってしまいます。

その状態が続くと、心臓の負担がどんどん重くなり、心臓の病気へとつながっていきます。

コーヒーだけでなくお茶にもカフェインは含まれているので、飲み過ぎに注意しましょう。

脳腫瘍

コーヒーはがん予防に効果がある、と最近の研究で明らかになりつつあります。

しかし、1日に5〜6杯以上飲むと、1日のカフェインの限度量を超えてしまい、がんを予防するつもりが、逆に脳腫瘍という病気なってしまうかもしれません。

何事にも適正量はありますので、むやみに飲み過ぎないようにしましょう。

コーヒーアレルギー

今までは何ともなかったという場合でも、花粉症と同じで、コーヒーの飲み過ぎによって、突然コーヒーアレルギーが現れることがあります。

症状は、頭痛、動悸、めまい、蕁麻疹などです。

急性カフェイン中毒も、頭痛や動悸といった似た症状が出ますが、腹痛や下痢が伴うようであれば、アレルギーです。

また急性カフェイン中毒は、治ればまた飲むことができますが、コーヒーアレルギーになると、少しの量でも頭痛などの症状が出てしまいます。

まとめ

執筆者はもちろんコーヒー自体を否定するわけではありません。

コーヒーは身体に良いものですが、何事にも適量はあります

コーヒーを飲んだ時に、頭痛や腹痛、吐き気を感じたら、それは体に悪影響を与えているサインです。

飲み過ぎに注意し、健康的にコーヒーを楽しみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?

↓良かったらシェアしてください↓

~こちらからもシェア出来ます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *